講師紹介

氏名:児玉 淳
所属:生体構造学講座
   機能構造学分野
学位:歯学博士

自己紹介

教員インタビュー 教員インタビューはこちら

1989年福岡歯科大学を卒業し,口腔解剖学第II講座(現:生体構造学講座)助手,2000年学位取得,同年講師に,現在に至っています。
 学生教育では,1年に解剖学入門,歯の解剖学の講義・歯型彫刻実習,情報処理実習,2年に系統解剖学の実習を担当し,口腔領域だけではなく,他の基礎および臨床科目を意識しながら,口腔医学の基礎となる解剖学を全身的に理解が出来る教育を心がけています。また本学に導入されたe-learningシステムの維持運用・教材開発にも携わっています。
研究面では,死体解剖資格認定を(第6013号)を取得し,系統解剖学的手法を用いて,ヒト舌筋の機能解剖的位置づけの解明,肉眼解剖学的所見の個人識別への利用,また感染生物学講座との共同研究として代替実験動物の開発等の研究を行っています。

研究分野・現在の研究テーマ

・ヒト舌筋の機能解剖学的位置づけ
・代替実験動物の開発

主な研究業績

・児玉 淳.ヒト翼突筋静脈叢の形態学的研究.福岡歯科大学雑誌27.83-95.2000
・Toh H.,Kodama J.,Yanagisako M., Ohmori T. Anatomical study of the accessory mental foramen and the distribution of its nerve.Okajimas Folia Anat Jpn.69.85-88.1992

外部資金獲得状況

科学研究費補助金 基盤研究(一般)(C)分担2件
科学研究費補助金 奨励研究(A)代表3件