助教紹介

氏名:荒平 高章
所属:歯科医療工学講座
   生体工学分野
学位:博士(工学)

荒平高章 助教

自己紹介

 九州工業大学情報工学部機械情報工学科卒業後、九州大学総合理工学府修士課程、博士課程を経て、2013年4月より本学へ助教として着任し現在に至っています。
 学生教育に関しては、主に実習を担当することになりますが、学生の抱く疑問点に対して、一方通行にならずに一緒に疑問点を解決していけるように努めたいと思います。
 研究に関しては、有機・無機複合系scaffoldと幹細胞による人工組織の構造と力学特性変化に関する研究を行っています。細胞によるECM形成やscaffoldの構造の変化によって力学特性も変化します。この構造と力学特性変化に関して興味を持って研究しています。また、様々な構造を持つscaffoldの作製も行い、さらにscaffoldや骨の力学状態を数値解析によって評価を行うなど、多角的な検討を心がけています.



研究分野・現在の研究テーマ

・有機・無機複合系多孔質scaffoldの作製と評価
・Scaffoldと間葉系幹細胞による人工骨組織再生

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

日本学術振興会 特別研究員奨励費

▲上へ戻る

教育活動

1 作成した教科書、教材、参考書

・テーマ別歯科理工学(e-learing教材) 
 (2013年~)
 学部第6学年用復習用歯科理工学e-learning教材の問題入力と管理
・国家試験対策用用語集(Web教材)
 (2013年~)
・歯科理工に関連する用語の選定とWebへの入力
・歯科医療工学実習用e-learning教材
 (2013年~)
 歯科医療工学実習試験用問題の入力と管理

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本機械学会(2008年~)
日本バイオマテリアル学会(2009年~)
日本臨床バイオメカニクス学会(2010年~)
日本再生医療学会(2011年~)
日本歯科理工学会(2013年~)

▲上へ戻る