講師紹介

氏名:橋口 一成
所属:機能生物化学講座
   生化学分野
学位:博士(理学)

自己紹介

 京都大学大学院理学研究科博士課程修了。米国国立衛生研究所(NIH)客員研究員、東北大学加齢医学研究所博士研究員、京都大学大学院理学研究科動物学教室助教、独立行政法人医薬基盤研究所(現・国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所)特任研究員、本学先端科学研究センター助教を経て、2016年4月に生化学分野講師に昇任し、現在に至っています。
 専門は遺伝学・分子生物学です。もともと分子遺伝学は苦手な科目でしたが、学部学生時代に細胞核を取り囲む神秘的なミトコンドリアの蛍光顕微鏡写真像に魅せられたのをきっかけに、ミトコンドリアDNA突然変異生成機構の研究に興味を持ち、それ以降はミトコンドリアだけでなく細胞核ゲノムの安定化システムについて研究を進めてきました。
 私たちヒトをはじめとする酸素呼吸を行う生物の細胞内では活性酸素種が不可避的に発生し、それらの一部が細胞構成成分を酸化する酸化ストレスになります。研究テーマとして、細胞ストレスが与えるゲノム損傷の生物影響、細胞がストレスに応答する機構、さらに細胞に備わっているストレスを抑制する機構、などが挙げられます。
 医療人としての大切な資質の一つとして、生命現象への探究心を持つことを考えています。そのためには生物学の基礎知識だけでなく物理学的・化学的なアプローチも必要になるケースがありますが、まずは生化学の基本ともいえる「日常生活の中の生化学」「生の現象を自分の眼で観て感動すること」を講義や実習を通して学生の皆さんに体感して欲しいと思っています。

 



研究分野・現在の研究テーマ

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金若手研究(B)代表1件、科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)分担1件、公益財団法人放射線影響協会研究奨励助成代表1件

▲上へ戻る

教育活動

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・栄養・代謝機能(生化学)
 (2018年~、福岡看護大学)
・生化学
 (2016年~、福岡歯科大学)
・遺伝子操作法
 (2016年~、福岡歯科大学)
・医・口腔医学概論
 (2016、2018年)(福岡歯科大学)
・機能生物化学実習I(化学・生化系)
 (2015年~、福岡歯科大学)
・基礎研究演習
 (2015年~、福岡歯科大学)
・生物学セミナーB
 (2008~2012年、京都大学)
・環境応答遺伝子科学特論A,B
 (2008~2012年、京都大学)
・遺伝情報維持機構論A,B
 (2008~2012年、京都大学)
・環境応答遺伝子科学ゼミナールA,B,C,D
 (2008~2012年、京都大学)
・生物学実習B
 (2009~2011年、京都大学)
・基礎生物学実験
 (2010年、京都大学)

2 作成した教科書、教材、参考書

・生物学セミナーBの補助資料(科学論文の構成、読み方)
(2008〜2012年)
・生物学実習Bの実習書
(2009〜2011年)
・基礎生物学実験の実験書
(2010年)

3 その他教育活動上特記すべき事項

・大学院生のための教育活動
 (2008〜2012年)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本分子生物学会会員(2003年~)
日本癌学会会員(2012年~)
日本遺伝学会会員(2018年~)

▲上へ戻る