講師紹介

氏名:石井 健士
所属:機能生物化学講座
   生化学分野
学位:理学博士

石井健士 助教

自己紹介

 日本大学文理学部化学科を卒業後、同大学大学院総合基礎科学研究科相関理化学専攻で修士課程を、九州大学大学院医学系学府分子生命科学専攻で博士課程を修了しました。その後、九州大学大学院医学系学府で学術研究員を、兵庫県立大学大学院生命理学研究科で特任助教を務め、2012年4月より福岡歯科大学先端科学研究センターの助教に着任しました。
 大学学部と大学院修士課程では、アフリカツメガエル卵を用いて初期発生時の細胞周期に関する研究を行ないました。大学院博士課程では酵母をモデル生物として選択的なタンパク質分解機構であるユビキチン−プロテアソーム経路に関する研究を行い学位を取得しました。学位取得後、兵庫県立大学へと研究の場を移し、DNA複製機構において働くタンパク質分解機構についての研究を行ないました。
 この経験から、遺伝情報の伝達を正確に行なうための分子機構に興味を持つ様になり、現在では酸化ストレスによる損傷mRNAが生体に及ぼす悪影響や、その代謝機構について研究を行なっています。この研究を通して、老化また多くの疾病の原因になると考えられている酸化ストレスを抑制する方法を確立していきたいと考えています。

 



研究分野・現在の研究テーマ

研究分野:分子生物学

研究テーマ:酸化ストレスによるRNA損傷

▲上へ戻る

主な研究業績

1. Takashi Ishii, Hiroshi Hayakawa, Takeshi Sekiguchi, Noritaka Adachi, Mutsuo Sekiguchi.Role of Auf1 in elimination of oxidatively damaged messenger RNA in human cells. Free Radical Biology and Medicine. 2015: 79: 109-116.

2. Yasushi Shiomi, Akiyo Hayashi, Takashi Ishii, Kaori Shinmyozu, Jun-ichi Nakayama, Kaoru Sugasawa, Hideo Nishitani.
Two different replication factor C proteins, Ctf18 and RFC1, separately control PCNA-CRL4Cdt2-mediated Cdt1 proteolysis during S phase and following UV irradiation.
Molecular and Cellular Biology, 2012, Vol. 32, No.12, p2279-2288

3. Takeshi Sekiguchi, Toru Sasaki, Minoru Funakoshi, Takashi Ishii, Yoh-hei Saitoh, Shu-ichi Kaneko, Hideki Kobayashi.
Ubiquitin chains in the Dsk2 UBL domain mediate Dsk2 stability and protein degradation in yeast.
Biochemical Biophysical Research Communications, Vol.411, No.3, p555-561

4. Masato Michishita, Aya Morimoto, Takashi Ishii, Hirofumi Komori, Yasushi Shiomi, Yoshiki Higuchi, Hideo Nishitani.
Positively charged residues located downstream of PIP box, together with TD amino acids within PIP box, is important for CRL4Cdt2-mediated proteolysis.
Genes to Cells, 2011, Vol.16, No.1, p12-22

5. Takashi Ishii, Yasushi Shiomi, Toshihiro Takami, Yusuke Murakami, Naho Ohnishi, Hideo Nishitani.
PCNA-dependent rapid recruitment of Cdt1 and CRL4Cdt2 at DNA damaged sites after UV-irradiation in HeLa cells.
Journal of Biological Chemistry, 2010, Vol.285, No.53, p41993-42000

6. Takashi Ishii, Minoru Funakoshi, Hideki Kobayashi.
Yeast Pth2 is a UBL domain-binding protein that participates in the ubiquitin-proteasome pathway.
EMBO Journal, 2006, Vol.25, p5492-5503

7. Tadahiro Goda, Takashi Ishii, Nobushige Nakajo, Nariyuki Sagata, Hideki Kobayashi.
The RRASK Motif in Xenopus Cyclin B2 is required for the substrate recognition of Cdc25c by the Cyclin B-Cdc2 complex.
Journal of Biological Chemistry, 2003, Vol.278, No.21, p19032-19037

8. Takashi Ishii, Takehiko Aoki, Yoshiyuki Hosoyama, Shohei Miyata.
In vivo and in vitro effects of a protease inhibitor (E-64) on cell division of Xenopus eggs.
Zoological science, 2000, Vol.17, p1283-1287

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・毎回授業後のノート提出
 (2013年~)
 授業後にノートを回収して評価を行い、講義に対する姿勢を整えさせる。

2 作成した教科書、教材、参考書

・教材(資料集・演習問題集)を作成
 (2013年~)
 講義の補助教材としての冊子を作製

3 その他教育活動上特記すべき事項

・大学院生の教育活動
 (2007年4月~2008年3月)
 学生に対する研究活動の指導(九州大学)
・学部学生、大学院生の教育指導
 (2008年4月~2012年3月)
 学生に対する研究活動の指導(兵庫県立大学)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本分子生物学会会員(2005年8月~)
酵母遺伝学フォーラム(2007年6月~)

▲上へ戻る