大学紹介

トップページ > 大学紹介 > 学長メッセージ
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

学長メッセージ

『これからの時代が必要とする歯科医師の育成にむけて』

福岡歯科大学 学長 石川博之
福岡歯科大学長 石川 博之

 福岡歯科大学は1973年4月に開学しました。卒業生は4,357名を数え(2017年3月末)、九州はもちろん、日本全国あるいは海外で診療、研究、教育や行政の現場で活躍しています。

 近年、歯科医療をとりまく環境は大きく変化しています。歯科疾患の疾病構造の変化に伴い、むし歯や歯周病といった疾患の治療を主体とした医療から、口腔の機能の回復、QOL(生活の質)の向上といった視点での医療への転換が求められています。また、日本社会の急激な高齢化にともない歯科に来院する患者さんの実態も大きく変化しています。歯科診療所を訪れる65歳以上の高齢者の割合は、昭和59年に10人に1人であったのが、平成23年には3人に1人となり、現在も増加し続けています。当然ながら、何らかの全身疾患を有する患者さんの来院も増加しています。安心・安全な歯科医療の実施のため、歯科医師には、これまで以上に全身の理解と医学的知識を修得することが求められています。

 本学では、このような時代のニーズに合った歯科医師の育成のため、先端的な設備(患者型ロボットや歯科治療のシミュレーション装置など)を積極的に導入した教育環境のもとで、教員の親身な指導による歯科医学教育を行っており、さらに一般医学教育の充実したカリキュラムの構築によって、口腔医学教育を推進しています。この口腔医学の推進は全国の他の歯科大学、歯学部や医学部と連携した8大学での事業(文部科学省戦略的大学連携支援事業)として取り組んでおり、本学は、その中心的な役割を果たしています。

 さて、皆さんは現在の歯科医師数について、どのようなイメージをもたれているでしょうか。厚生労働省による平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査では、歯科医師数は総数103,972人で、50歳以上の歯科医師は50.3%とおよそ半数になります。50歳代、40歳代、30歳代と次第に歯科医師数は減少しているので、今後高齢化がさらに進行するでしょう。すなわち、これから歯科医師を目指す人たちは、将来、一人一人が日本の歯科医療を支える責任のある時代に第一線で歯科医療に従事すること、それゆえに社会から必要とされ、活躍の場の広い、まさにやりがいのある職業となることを心に留めてほしいと思います。

 本学の附属病院である福岡歯科大学医科歯科総合病院は、総合歯科と11の専門歯科診療科に加え、12の医科の診療科を開設しています。平成20年5月には、財団法人日本医療機能評価機構の認定病院になりました。日本医療機能評価機構では、病院が質の高い医療サービスを提供していくための第三者評価を行っていますが、私立歯科大学の歯科を中心とした病院では全国で2番目の認定となります。本学の学生は、この病院機能評価の認定病院で臨床実習を行うことになります。さらに同一キャンパス内には、2つの老人介護施設があり、教育実習も行われます。このように、医療と介護と福祉が一つのキャンパス内に統合された教育環境のもとで、超高齢社会に対応できる新しい歯科医師を養成しています。

 また、本学では、先端科学研究センター、再生医学研究センター、老化制御研究センターを中心に、生命科学の先端的研究を推進し、口腔医学の研究拠点の創出を目指しています。大学院教育では、研究者の育成とともに、研究マインドを身につけた高度な医療人の育成をめざしています。研究を通して、問題を発見し、問題の解決に向けてデータを収集し、それらを分析・統合し、そして問題の解決方法を構築するといった一連の科学的な考え方を身に付けることは、どのような患者さんに出会おうとも、病気の状態を正しく把握し、適切な治療方法を考えることができる歯科医師となることにとても役立つと思います。生涯、やりがいを持って研鑽を積み、自信を持って臨床に携わっていくためには、大学院は良い経験のできる大切な場所になると思います。

 福岡歯科大学では、本学をはじめ九州大学、九州歯科大学、福岡大学、長崎大学、鹿児島大学などの九州の大学の先生方に加えて、北海道大学、東北大学、岩手医科大学、奥羽大学、東京大学、東京歯科大学、新潟大学、大阪大学、広島大学など全国から多数の先生方が集まっています。「ここが中央」といえるような陣容と思いで教育を行っています。受験生の皆さんの中には歯科医師は過剰ではないかと心配をされている方もいるかも知れません。たしかに全体の歯科医師数は増加していますが、ここ10年間で50歳未満の歯科医師の数はむしろ減少しているのです。皆さんがこれから6年間の大学生活、1年間の歯科医師臨床研修、そして診療の研鑽を経て第一線で活躍される頃には、状況は大きく変わっています。日本の歯科医療の将来を担うつもりでぜひ歯科医師を目指していただきたいと思います。本学はこれからの時代が必要とする歯科医師を育成します。

 それでは、福岡歯科大学でお会いできる日を楽しみにしています。

  • 学長略歴
  • 入学式祝辞
  • 卒業式祝辞

 

 

 

 

※教授在任時のインタビューについては、こちらをご覧ください。

教員インタビュー 教員インタビュー(教授在任時の平成23年3月実施)はこちら

教員インタビュー 大学院指導教員インタビュー(教授在任時の平成26年2月実施)はこちら

 

0