大学紹介

トップページ > 大学紹介 > 情報図書館 > 館長メッセージ
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

館長メッセージ

『開かれた情報図書館』

情報図書館長 廣藤 卓雄
情報図書館長 廣藤 卓雄

 大学図書館は、学生の学習や大学教育及び研究活動を支援する重要な学術情報基盤の役割を有しており、大学の教育研究にとって不可欠な施設です。福岡歯科大学情報図書館は、これまで、大学の教育・臨床・研究に関わる学術情報の収集、蓄積、提供を行うことで、教育・臨床・研究に対する支援機能を担ってきました。すなわち、学生にとっては、講義の予習・復習やレポートを書くときの書籍や資料のある場所であり、教職員にとっては、専門書や専門分野の雑誌のバックナンバーがそろっている場であり、教育・臨床・研究には不可欠な資料が存在するところです。したがって、大学図書館に蓄積された学術情報は、学生や教員にとって、大学生活に欠かせないものであるとともに、さらに検索可能な形態で公開されることにより社会全体の共有財産ともなっています。一方で、インターネットの普及に代表される社会全体における電子化の進展と学術情報流通の変化が現在急速に進行しております。物理的な存在としての「本」や「図書館」とは別に、各種データベースや電子ジャーナルなどの発展により、図書館内での学習や研究のスタイルから、図書館以外の場(各人のPC)で自由に雑誌や資料にアクセスし、情報を入手して、学習・研究するというスタイルへの移行が推し進められてきました。このような情報環境の変化を念頭におき、大学図書館は自らの立場や位置付けを明確にした上で、情報の収集、組織化、提供の在り方を工夫し、紙情報と電子情報を総合的に扱う知識社会の基盤であり続けることが期待され、多様なニーズにできるだけ応えてゆく必要があります。
 情報図書館の今後の課題として下記の事項が挙げられています。
1.学習支援としてのラーニング・コモンズへの取組み
  図書館のオープン化および図書館としてのe-learning活用推進のため、学習・学習支援の場の確保や学習に資する資料の提供を行う。
2.コレクション構築として蔵書情報の整備と保存書庫スペースの確保
 学園の全蔵書15.7万冊の点検を完了し、蔵書情報の整備を実施する。また、図書館の保存書庫スペースが限界にきているため、物理的なスペース確保とともに不要図書の分別を除却基準に基づき実施のうえ廃棄する。
3.図書の未返却者に対する督促を徹底し、未返却図書の解消を促進
 引き続き「図書の未返却者に対する督促要領(情報図書委員会決定)」に基づき返却を徹底し、未返却図書の解消を図る。
4.研究活動に即した支援
 教員や学生などの利用者のニーズを踏まえ、コアジャーナル(外国雑誌)の選定基準の改訂を行うと共に、引き続き電子ジャーナルの導入を行う。
5.他機関・地域等との連携
 九州地区医学図書館協議会、私立大学図書館協会に参加連携している。
6.安全・安心な情報ネットワーク環境を構築・維持
 安全・安心な学内LANを維持するため、多層防御による技術的セキュリティ対策の強化を実現するとともに、学内LANに接続する教職員の全パソコンに、共通のウイルス対策ソフトをインストールします。これにより、ウイルス対策について一括管理することが可能となります。さらに学園が大規模自然災害や火災などで被災した際において事業継続性を高めることを目的として、重要なデータを守るために学園から離れた安全な遠隔地の施設へのデータバックアップについて、セキュリティ面も考慮した上で、実施の必要性及び有効性を検討します。セキュリティ講習について、新規採用者には採用時の初級受講を徹底し、中級未受講者には中級受講を推進することで、継続的に全教職員のセキュリティ意識向上を図ります。

 これからも、皆様が利用しやすい開かれた図書館を目指していきたいと考えています。 皆様のご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

0