大学紹介

トップページ > 大学紹介 > 情報図書館 > 館長メッセージ
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

館長メッセージ

『開かれた情報図書館』

情報図書館長 佐藤 博信
情報図書館長 佐藤 博信

 大学における図書館にはさまざまな役割とそれを果たす機能があります。学生の皆さんにとっては、講義の予習・復習やレポートを書くときの書籍や資料のある場所であり、また試験の時には静かに勉強に集中する場でもあります。また気軽に雑誌などを読むこともできるところでもあります。教職員にとっては、専門書や専門分野の雑誌のバックナンバーがそろっている場であり、研究には不可欠な資料が存在するところです。したがって、図書館の場所、書籍、雑誌という要素は学生や教員にとって、大学生活に欠かせないもので、伝統的に大学という知識社会の基盤となっています。一方で、物理的な存在としての「本」や「図書館」とは別に、各種データベースや電子ジャーナルなどの発展により、図書館を場とする学習や研究のスタイルから、図書館以外の場(各人のPC)で自由に雑誌や資料にアクセスし、情報を入手して、学習・研究するというスタイルへの移行が推し進められてきました。このような高度情報化社会の中でも、図書館は、紙情報と電子情報を総合的に扱う知識社会の基盤であり続けることが期待され、多様なニーズにできるだけ応えてゆく必要があります。
 情報図書館の今後の課題として下記の事項が挙げられています。
1.図書館サービスの新たな展開としてのラーニング・コモンズへの取組み
 図書館のオープン化および図書館としてのe-learning活用推進のため、学習・学習支援の場の確保や学習に資する資料の提供を行う。
2.保存書庫スペースの確保
 図書館の保存書庫スペースが限界にきているため、物理的なスペース確保とともに不要図書を分別(除却基準を制定)し廃棄する。
3.図書の未返却者に対する督促を徹底し、未返却図書の解消を促進
 昨年度に策定した「図書の未返却者に対する督促要領(情報図書委員会決定)」に基づき返却を徹底し、未返却図書の解消を図る。
4.コアジャーナル(外国雑誌)の選定基準の改訂
5.安全・安心な情報ネットワーク環境を構築・維持
 学内外の情報ネットワーク化が高度化・複雑化するなかで、学内の情報資産を守り、 学園全体の情報化を推進する情報化組織及び運営体制の整備・充実
 1については、LAN管理室前に9階フロアーにオープンとなった「ラーニング・コモンズ」への改修が既に完了しています。図書館の開館時間が短いとのご意見が多くありますが、図書館閉館時の自学・自習や情報検索・探索の場として、またグループ学習、プレゼンテーションの場としてご利用下さい。3の図書の未返却は図書館が抱える大きな問題です。昨年度に「図書の未返却者に対する督促要領」が策定され、少しは改善されてきてはいますが、何度催促しても返却しない学生や教員がいたり、少しずつ未返却を解消していっても次から次へと新たな延滞者が出てきて、未だ200-300の図書の未返却があります。未返却図書の解消を図るためには何らかの強硬策に訴える必要がありますが、取り敢えず教室や診療室、医局をこまめに回って、延滞者一人一人に直接会って返却を促し、その確認をしつこく行ってゆきたいと思います。「その図書を必要としているのはあなた一人ではありません」どうか、他の利用者のためにもマナーを守り、延滞なく返却いただくようお願い致します。
 これからも、皆様が利用しやすい開かれた図書館を目指していきたいと考えています。そのため今年度は図書館利用アンケート調査を実施する予定です。皆様の忌憚のないご意見や発展的なアイデアをお寄せいただければ幸いです。
 皆様のご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。