大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター

歯科医学の発展に欠かせない動物実験に倫理的、人道的な良識を持って取り組む

 歯科医学の発展のために動物実験は欠かすことができません。そのため本学では、1982年、全国の歯科大学および歯学部の中で最も早く、近代的な設備が整った施設としてアニマルセンターが開設されました。以来、研究用および学生実習用の実験施設として活発に利用されています。
 アニマルセンターでは数多くの動物を専任のスタッフが一定環境に厳しく管理しながら飼育していますが、実験動物に対して本学では、「動物の生命を尊重し、動物に可能な限り苦痛を与えない、倫理的、人道的な動物実験を」という動物福祉の精神から諸規則を定めています。学内で行われる全ての動物実験を対象に、規則が守られているかどうかを動物実験委員会が厳しく審査しているほか、毎年、実験動物慰霊祭も行われています。
 
動物実験1        動物実験2

 

アニマルセンター自己点検・評価報告書


平成26年度 平成25年度 

アニマルセンター年報


平成26年度  平成25年度 


アニマルセンター研究業績


平成26年度  平成25年度  平成24年度  平成23年度  平成22年度  平成21年度  平成20年度  平成19年度  
平成18年度
  平成17年度

アニマルセンター緊急時対応マニュアル pdf