大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター > 業績(平成25年度)
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター

アニマルセンター研究業績(平成25年4月~平成26年3月)

発表論文

ラット

1) Cell viabilities and biodegradation rates of DNA/protamine complexes with two different molecular weights of DNA. J Biomed Mater Res Part B: Applied Biomater 101B, 743-751, 2013
N. Mori、 J. Ohno、 R. Sakagami、 T. Hayakawa、 T. Fukushima.
2) Osteogenic evaluation of DNA/protamine complex paste in rat cranial defects, J Hard Tissue Biology22:401-408, 2013
Y. Shinozaki, T. Yanagi, Y. Yamaguchi, H. Kido, T. Fukushima.
3) Lupus-like oral mucosal lesions in mercury-induced autoimmune response in Brown Norway rats.
Seno K, Ohno J, Ota N, Hirofuji T, and Taniguchi K
BMC Immunol 14: 47, 2013.
4) Quantitative evaluation of myofibroblast apoptosis during wound healing in rat palate after post-operative administration of basic fibroblast growth factor (bFGF).
Hata Y, Ishikawa H, Ueki T, Kajii TS, Tamaoki S, Tsuruga E, Sawa Y, Taniguchi K.
Acta Odontol Scand. 2013;71(6):1501-1507
5) The novel roles of CCL2 and CCL3 on osteoclast differentiation and alveolar
bone resorption during occlusal traumatism
Tsutsumi Takashi, Kajiya Hiroshi, Goto Kazuko T, Nagaoka Yoshiyuki, Okamoto Fujio, Okabe Koji
2 nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and The Japanese Society for Bone and
Mineral Research
2013年6月1日(日本骨代謝学会・ヨーロッパ骨代謝学会合同集会)
6) A novel role of farnesyl diphosphate synthetase (FDPS) on the activity of Cl- extrusion in osteoclasts
Hiroshi Kajiya ,Takashi Tsutusmi, Yoshiyuki Nagaoka, Kazuko T-Goto, Teruhisa Fukawa, Mina Sasaki,
2013 annual meeting of American Society for Bone and Mineral Research
2013年10月5日(アメリカ骨代謝学会)
7) Expression of C-C chemokine ligands for osteoclastogenesis induced by hyperocclusion
Tsutsumi Takashi, Kajiya Hiroshi, Goto-T Kazuko, Takahashi Yutaka, Okabe Koji
2013 annual meeting of American Society for Bone and Mineral Research
2013年10月7日(アメリカ骨代謝学会)
8) Proteolytic and non-proteolytic activation of keratinocyte-derived latent TGF-β1 induces fibroblast
differentiation in a wound-healing model using rat skin.
Hata S, Okamura K, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J.
Journal of Pharmacological Sciences. 2014;124:230-243 学位論文
9) The Effects of Implant Surface Characteristics on Surrounding Bone:
A Comparative Study of Two Types of Surface Characteristics
Kazuko Yamamoto1, Tsukasa Yanagi, Akira Watazu, Kay Teraoka and Hirofumi Kido
Journal of Hard Tissue Biology 23[1] (2014) 83-92 博士取得
10)

Zirconia Implants with Laser Surface Treatment:Peri-Implant Bone Response and Enhancement of
Osseointegration.
Kimie Yasuno,Kae Kakura,Yusuke Taniguchi,Yuichiro Yamaguchi and Hirofumi Kido
Journal of Hard Tissue Biology 23[1] (2014) 93-100 博士取得

11) Zirconia Implant with Rough Surface Produced by YAG Laser Treatment:Evaluation of Histomorphology and Strength of Osseointegration.
Kae Kakura,Kimie Yasuno, Yusuke Taniguchi,Kazuko Yamamoto,Takuya Sakai,Akihito Irie and Hirofumi
Kido.
Journal of Hard Tissue Biology 23[1](2014)77-82

 

マウス

1) Expression of toll-like receptor 4 in glomerular endothelial cells under diabetic conditions.
Takata S, Sawa Y, Uchiyama T, Ishikawa H.
Acta Histochemica et Cytochemica. 2013;46(1):35-42
2) The potential role of transient receptor potential type A1 as a mechanoreceptor in human periodontal
ligament cells..
Tsutsumi T, Kajiya H, Fukawa T, Sasaki M, Nemoto T, Tsuzuki T, Takahashi Y, Fujii S, Maeda H, Okabe K.
European Journal of Oral Sciences. 2013; 121: 538-544

 

学会発表

ラット

1) Histologic evaluation of the effects of Emdogain gel on injured rat root apex.
Noriyoshi Matsumoto, Masahiko Minakami, Toshio Izumi , Takahiko Morotomi, Chieko Haruna, Yasuko
Fukuda, Satoshi Ushio, Koji Henmi, Keisuke Itaya, Hisashi Anan.
第9回世界歯内療法学会  2013年5月23日‐26日(東京)ポスター発表
2)

Development of a new zirconia implant with rough surface produced by laser treatment :assessment of
osseointegration strength in vivo and osteoblastic differentiation iv vitro.
Y Taniguchi,J Ymazaki,K Kakura,K Yasuno,H Kido
2013年10月3-5日 トルコ イスタンブール

3) Gingival pathosis caused by systemic immune responses of the rats
Department of General Dentistry, Division of General Dentistry, Department of Biological morphology,
Division of Pathology2, Fukuoka Dental College
Kei Seno, Jun Ohno,Kazuhiko Yamada,Nao Taniguchi, Takao Hirofuji
平成25年度秋季学術大会(第139回)2013 10 17,18
4) The potential role of transient receptor potential type A1 as a mechanoreceptor in human periodontal
ligament cells
Tsutsumi T, Kajiya H, Fukawa T, Sasaki M, Nemoto T, Tsuzuki T, Takahashi Y, Fujii S, Maeda H,
Okabe K
European Journal of Oral Sciences/121(6):538-44  2013/12月
5)

Activation of keratinocyte-derived latent TGF-β1 induced fibroblast differentiation in a wound-healing model of rat skin.
Shozaburo Hata, Taiki Suyama, Mitsutoki Hatta, Hiroyuki Ishikawa, Jun Yamazaki.
第87回日本薬理学会年会 平成26年3月19-21日(宮城)

6) エラスチンによるDNA/プロタミン複合体への骨形成促進効果
戸田 雅子,大野 純,尾崎 正雄,早川 徹,福島 忠男
第61回日本歯科理工学会学術講演会 東京 タワーホール船堀
2013年4月13~14日,発表:13日
7) DNA分子量の異なるDNA/プロタミン複合体の新生骨形成能
田村 翔悟, 篠崎 陽介, 大野 純, 尾崎 正雄, 早川 徹, 福島 忠男
第61回日本歯科理工学会学術講演会 東京 タワーホール船堀
2013年4月13~14日, 発表:13日
8) アデニン腎症ラットにおけるリン負荷が酸化ストレス,炎症および栄養障害に及ぼす影響の検討
山田 俊輔、徳本 正憲、谷口 正智、大星 博明、鶴屋 和彦、北園 孝成
第56回日本腎臓学会学術集会 ポスター発表 場所 横浜 平成25年5月11日
9) ラット頭蓋骨におけるDNA/プロタミン複合体ペーストの骨形成能
森 南奈,篠崎 陽介,大野 純,早川 徹,福島 忠男
第22回硬組織再生生物学会総会,横浜 鶴見大学歯学部 平成25年8月22日
10) ラット全身性免疫応答モデルにおける歯肉炎の病態(口演)
福岡歯科大学総合歯科学講座総合歯科学分野, 生体構造学講座病態構造学分野
瀬野 恵衣、大野 純、山田 和彦、谷口 奈央、廣藤 卓雄
11) 三次元培養シートに包埋した皮膚線維芽細胞の石灰化物形成.
陶山 大輝、秦 省三郎、山﨑 純、石川 博之.
第72回日本矯正歯科学会大会 H25年10月7日-10月9日(長野)
12) ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてケラチノサイトによる潜在型TGF-β₁の放出が線維芽細胞から筋線維芽細胞への分化に関与する.
秦 省三郎、岡村 和彦、八田 光世、石川 博之、山﨑 純.
第66回日本薬理学会西南部会.H25年11月16日(福岡)
13) 新しい粗面でのジルコニアインプラントにおける周囲組織の反応と骨結合の強さ-
安野 貴美恵,加倉 加恵 ,谷口 祐介 ,松浦 正朗,城戸 寛史
第17回日本顎顔面インプラント学会学術大会2013年11月30-31日東京 博士取得
14) 間葉系幹細胞スフェロイドを用いた骨再生効果の促進
山口 雄一郎, 佐藤 絢子, 大野 純, 川口 稔, 城戸 寛史, 福島 忠男
第40回福岡歯科大学学会総会2013年12月15日福岡歯科大学
15) 潜在型TGF-β1が重層化ケラチノサイトから放出されて線維芽細胞のフェノタイプ変化をおこす.
秦 省三郎,岡村 和彦,八田 光世,石川 博之,山﨑 純.
第40回福岡歯科大学学会総会.H25年12月15日(福岡)
16) 三次元培養シートに包埋したラット皮膚線維芽細胞の石灰化物形成におけるリン酸の効果.
陶山 大輝、秦 省三郎、石川 博之、山﨑 純.
第40回福岡歯科大学学会総会.H25年12月15日(福岡)
17) DNA/プロタミン複合体骨補填材の操作性と骨形成能におよぼすDNA分子量の影響
川口 稔、田村 翔吾、福島 忠男、尾崎 正雄
第40回福岡歯科大学総会 平成25年12月15日
18) DNA/protamine 複合体の幼齢,加齢ラット頭蓋骨における新生骨形成能の比較
篠﨑 陽介,戸田 雅子,柳 束,川口 稔,大野 純,城戸 寛史,早川 徹,福島 忠男
第40回福岡歯科大学総会 平成25年12月15日
19) 300 base pair DNA/プロタミン複合体の骨形成促進効果
戸田 雅子,大野 純,尾崎 正雄,福島 忠男
第40回福岡歯科大学総会 平成25年12月15日
20) 異なる分子量を用いたDNA/プロタミン複合体の基礎的性質
森 南奈,大野 純,坂上 竜資、早川 徹,福島 忠男
第40回福岡歯科大学総会 平成25年12月15日
21) 間葉系幹細胞スフェロイドを用いた骨再生効果の促進
山口 雄一郎、佐藤 絢子, 大野 純、川口 稔、城戸 寛史、福島 忠男
第40回福岡歯科大学総会 平成25年12月15日
22) 脂質修飾FGF含有DNA/protamine複合体のラットにおける頭蓋骨欠損部位再生能の評価
柳 束、篠﨑 陽介、川口 稔、城戸 寛史、福島 忠男
第40回福岡歯科大学総会 平成25年12月15日
23) 老齢ラットにおけるFGF-2添加DNA/protamine複合体の骨形成能の評価
篠﨑 陽介、戸田 雅子、大野 純、御手洗 誠、城戸 寛史、早川 徹、福島 忠男
第13回日本再生医療学会総会、京都 国立京都国際会館
平成26年3月4~6日、発表3月5日
24) DNA/プロタミン複合体を用いた骨再生における温熱促進効果
川口 稔、鍛治屋 浩、大野 純、福島 忠男
第13回日本再生医療学会総会、京都 国立京都国際会館
平成26年3月4~6日、発表3月5日
25) 異なる分子量を用いたDNA/プロタミン複合体の基礎的性質
森 南奈,大野 純,坂上 竜資、早川 徹,福島 忠男
第13回日本再生医療学会総会、京都 国立京都国際会館
平成26年3月4~6日、発表3月5日
26) DNA/プロタミン複合体のDNA分子量と骨形成能の関連
田村 翔悟、戸田 雅子、大野 純,川口 稔、尾崎 正雄、早川 徹、福島 忠男
第13回日本再生医療学会総会、京都 国立京都国際会館
平成26年3月4~6日、発表3月5日

 

マウス

1) 糖尿病モデルマウス腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現.
髙田 俊輔、内山 貴誠、石川 博之、沢 禎彦.
第28回日本糖尿病合併症学会 H25年9月13日-9月14日(北海道)
2) Ⅰ型とⅡ型糖尿病モデルマウスにおける腎リンパ管新生
内山 貴誠、高田 俊輔、敦賀 英知、畠山 雄次、石川 博之、沢 禎彦.
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 平成25年9月21日-22日(岡山)
3) 糖尿病環境下の糸球体内皮細胞におけるTLR2とTLR4の発現.
髙田 俊輔、内山 貴誠、敦賀 英知、畠山 雄次、石川 博之、沢 禎彦.
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 H25年9月21日-9月22日(岡山)
4) 糖尿病環境下の腎糸球体におけるToll-like receptor(TLR)2と4の発現.
髙田 俊輔,内山 貴誠,敦賀 英知,畠山 雄次,石川 博之,沢 禎彦.
第51回日本糖尿病学会九州地方会.H25年11月8日-9日.(沖縄)
5) Ⅰ型とⅡ型糖尿病マウスにおける腎リンパ管増生
内山 貴誠、髙田 俊輔、石川 博之、沢 禎彦.
第51回日本糖尿病学会九州地方会.平成25年11月8日-9日(沖縄)
6) 糖尿病モデルマウス腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現.
髙田 俊輔,内山 貴誠,石川 博之,沢 禎彦.
第40回福岡歯科大学学会総会 H25年12月15日.(福岡)
7) Ⅰ型とⅡ型糖尿病モデルマウスにおける腎リンパ管新生について.
内山 貴誠、高田 俊輔、石川 博之、沢 禎彦.
第40回福岡歯科大学学会総会 H25年12月15日(福岡)