大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター > 業績(平成22年度)
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター

アニマルセンター研究業績(平成22年4月~平成23年3月)

発表論文
ラット 
1) Polycationic protamine for water-insoluble complex formation with DNA
Tadao Fukushima . Jun Ohno. Tohru Hayakawa . Rieko Imayoshi . Minoru Kawaguchi .
Dental Materials Journal; 29, 529-535, 2010.
2) Influence of carbon dioxide laser irradiation on the healing process of extraction socket.
Fukuoka H.Daigo Y.Enoki N.Taniguchi K .Sato H
Acta Odontologica Sacndinavica 2011.Jan;69(1):33-40
3) Cell Viability and Tissue Response of High Molecule Weight DND/protamine Complex
Nana MORI .Teruaki IWAHASHI .Jun OHNO.Yousuke SHINOZAKI .Ryuji SAKAGAMI .
Makoto MITARAI .Tadao FUKUSHIMA
J Oral Tissue Engin 2011;8(3):188-194
4) プロタミン/DNA複合体の生体材料としての可能性
御手洗誠.福島忠男
アミノ酸研究 4,83-86,2010
5) 歯髄創傷治癒に及ぼすエムドゲイン®ゲルの影響
阿南壽.松本典祥.松浦洋志.諸冨孝彦.榮田太郎.茂山千英子.國本俊雄.福田泰子.西村彰弘.久原裕子
福岡歯科大学学会雑誌.2010;36:119-127
6) ラット根尖病変に及ぼすオフロキサシン眼軟膏の影響
阿南壽.松本典祥.松浦洋志.諸冨孝彦.榮田太郎.茂山千英子.國本俊雄.福田泰子.西村彰弘.久原裕子
日本歯内療法学会雑誌.2011;32:28-37
マウス 
1) Antibodies against ClC7 inhibit extracellular acidification-induced Cl- currents and bone resorption
activityin mouse osteoclasts.resorption activity in mouse osteoclasts.
Ohgi K. Okamoto F . Kajiya H. Sakagami R . Okabe K.
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology (2011)383:79-90
2) Peri-implant Bone Density in Senile Osteoporosis –Changes from Implant Placement
to Osseointegration-
(Clinical Implant Dentistry and Related Research in press.)
K.Beppu. H.Kido. A.Watazu . K.Teraoka . M.Matsuura .
学会発表
ラット
1) Development of the new rough surfaces created by laser irradiation on zirconia implant
Kido H.Kakura K.Morinaga K.Beppu K
The 9th Annual Meetin of Pan-pacific Implant Society 4-6 June, 2010 (Hangzhou, China )
2) Development of the New Rough Surfaces Created by Laser irradiation on Zirconia Implant
Kakura k .Kido H.Yamamoto K . Beppu K.Morinaga K . Hayashi H.Okano Y.Tokukura W.
Matsuura M ICOI World Congress XXVII  2010.8.26-28(Germany)
3) Hyper-occlusionStimulated Osteoclast Recruitment Through Chemokines Expression
Goto k. kajiya H. Nemoto T . Tsuzuki T . Okabe K. Sato H
第33回米国骨代謝学会(ASBMR)2010.10.15-19 トロント
4) 骨形成促進効果を有するサケ白子由来DNAとプロタミンからなる複合体ペースト
森南奈.大野純.福島忠男.坂上竜資
第56回日本歯科理工学会学術講演会
5) 口腔粘膜の再生に関する基礎的研究
ラット口腔粘膜上皮の再構築過程におけるcaspaseの発現
村上 弘.山﨑 純.岡村 和彦.坂上 竜資
2011年 第54回日本歯周病学会春季学術大会にてポスター発表
6) CO2レーザー照射によるラット抜歯創治癒過程における筋線維芽細胞の動態
福岡宏士.石川昌嗣.大郷友規.佐々木美智子.松浦尚志.谷口邦久.佐藤博信
日本補綴歯科学会第119回学術大会 2010.6.12-13 東京
7) ジルコニアセラミックスインプラントの骨結合強化に関する研究
坂井拓弥.城戸寛史.寺岡 啓.渡津 章.松浦正朗
第40回日本口腔インプラント学会学術大会 2010年9月17-19日 (札幌)
8) CO2レーザー照射によるラット抜歯創治癒過程における筋線維芽細胞およびTGF-β1の動態
大郷友規. 福岡宏士. 石川昌嗣. 天野浩充. 古賀 浩.佐藤博信
日本レーザー歯学会第22回学術大会 2010.11.13-14 愛知
9) Streptozotocin 誘発糖尿病ラット歯間乳頭部への器械的圧迫による歯周組織変化
德永哲彦.榎規雄.森下孝一郎.岡村和彦.岩橋輝明.大野純.谷口邦久
第37回福岡歯科大学学会総会 2010.12.12 (福岡)
マウス
1) 新規抗 C1C7 抗体は破骨細胞 C1C7 型 C1⁻チャネルの C1⁻輸送と骨吸収活性を抑制する
大城希美子.岡本富士雄.鍛治屋浩.根本哲臣.来海慶一郎.岡部幸司
日本骨代謝学会 2010.7.21
2) 破骨細胞の C1C7 型 C1⁻(C1cn7 )輸送体の新規調節分子の検索
鍛治屋浩.小松晶絵.大城希美子.根本哲臣.堤貴司.岡本富士雄.岡部幸司
トランスポーターワークショップ 2010.9.11
3) 破骨細胞 C1C7 型 C1⁻チャネルと骨吸収の活性に対する新規抗 C1C7 抗体の抑制作用
岡本富士雄.大城希美子.鍛治屋浩.堤貴司.根本哲臣.岡部幸司
トランスポーターワークショップ 2010.9.11
4) 新規抗 C1C7 抗体の破骨細胞 C1C7 C1⁻チャネル活性と骨吸収活性に対する抑制作用
大城希美子.岡本富士雄.鍛治屋浩.根本哲臣.堤貴司.岡部幸司
歯科基礎医学会 2010.9.22
5) 破骨細胞 C1C7 C1⁻チャネル及び骨吸収活性に対する新規抗 C1C7 抑制作用
大城希美子.岡本富士雄.鍛治屋浩.岡部幸司.鬼塚得也.永井淳.坂上竜資
日本歯周病学会 2010.11.23
6) 新規抗 C1C7 抗体による破骨細胞のC1⁻輸送と骨吸収機能の抑制
大城希美子.岡本富士雄.鍛治屋浩.永井淳.坂上竜資.岡部幸司
福岡歯科大学学会 2010.11.23
7) 骨粗鬆症がチタンインプラントの骨結合におよぼす影響
別府健介.城戸寛史.加倉加恵.森永健三.坂井拓弥.松浦正朗
福岡歯科大学咬合修復学講座口腔インプラント学分野
第37回福岡歯科大学学会総会 2010.12.12
8) 老年性骨粗鬆症モデルである老化促進マウス(SAMP6)の下顎頭における骨および軟骨の加齢的変化
大郷友規.福岡宏士. 徳富健太郎. 佐々木美智子.都築尊. 松浦尚志. 佐藤博信
日本顎関節学会第23回学術大会 2010.7.24-24 東京
9) CCL2KOマウスを用いた咬合性外傷誘発機序の解析
堤 貴司.鍛冶屋浩.後藤加寿子.都築 尊.髙橋 裕.岡部幸司
第37回福岡歯科大学学会総会 2010.12.12
10) コラーゲンと骨質
松浦尚志
平成22年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 2010.11.13-14 愛知
11) Hyper-occlusionStimulated Osteoclast Recruitment Through Chemokines Expression
Goto k.kajiya H.Nemoto T .Tsuzuki T . Okabe K. Sato H
第33回米国骨代謝学会(ASBMR)2010.10.15-19 トロント
12) CCL2KOマウスを用いた咬合性外傷誘発機序の解析
堤 貴司.鍛冶屋浩.後藤加寿子.都築 尊.髙橋 裕.岡部幸司
第37回福岡歯科大学学会総会 2010.12.12