大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター > 業績(平成21年度)
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター

アニマルセンター研究業績(平成21年4月~平成22年3月)

発表論文
ラット 
1) Bone response of DNA-chitosan-apatite complexes
M.Kawaguchi,J.Ohno,T.Iwahashi,T.Fukushima,T.Hayakawa,Y.Doi
J Oral Tissue Engin,7:89-98,2009
2) Mold fabrication and biological assessment of porous DNA-chitosan complex
Tadao Fukushima,Jun Ohno,Tohru Hayakawa,Minoru Kawaguchi,Yusuke Inoue,Shoji Takeda,
Mika Toyoda,Yoshio Okahata
J Biomed Mater Res Part-B;Appl Biomater 91B,746-754,2009
3) 上皮細胞におけるC1⁻チャネルとCLCAの機能
山﨑 純
福岡歯科大学雑誌 2010;36(1):9-17
4) ラット根尖病変創傷治癒に及ぼすEmdogain®gelの効果の解明
松本典祥,茂山千英子,泉利雄,阿南壽.
日本歯科保存学雑誌 2009;52(6):493~504
5) 過剰咬合モデルラットにおける組織おける組織応答
田代琢二,都築 尊,後藤加寿子,根本哲臣,松山繁樹,徳富健太郎,清水博史,高橋 裕
第118回日本補綴歯科学会 平成21年6月(京都)
6) 過剰咬合モデルラットにおける歯根膜細胞外基質の動態
都築 尊,鍛冶屋浩,根本哲臣,後藤加寿子,田代琢二,徳富健太郎,岡部幸司,高橋 裕
第36回福岡歯科大学学会総会 平成21年12月(福岡)
マウス 
1) Characteristics of C1C7 C1 ⁻ channels and their inhibition in mutant (G215R) associated with ausosomal autosomal dominant osteopetrosis type Ⅱin native osteoclasts and hC1cn7 gene-expressing cells.
Pflugers Arch.
Kajiya H*,Okamoto F,Ohgi K,Nakao A,Fukushima H,Okabe K (2009)
European Journal of Physiology.458, 1049-1059
2) PTHrP induces Notch signaling in periodontal ligament cell.
Nakao A,Kajiya H*,Fukushima H,Fukushima A,Anan H,Ozeki S,Okabe K (2009)
J Dent Res.,88,551-556
3) Characteristics of mandibular bones in senile osteoporotic mice
Tokutomi K,Matsuura T,Katafuchi M,Atsawasuwan P.Yamauch Mi,Takahashi Y,Sato H.
25th The Society of Oral Physiology.P72,May7-10,2009,(Dresden,Germany)
4) Immunohistochemical examination on the distribution of cells expressed lymphatic
endotheial marker podoplanin and LYVE-1 in the mouse tongue tissue.
Noda Y, Amano I, Hata M, Kojima H, Sawa Y.
Acta Histochem Cytochem 2010; 43: 61-68
5) Immunoelectron microscopic study of podoplanin localization in mouse salivary gland
myoepithelium.
Hata M, Amano I, Tsuruga E, Kojima H, Sawa Y.
Acta Histochem Cytochem 2010; 43: 77-82.
6) New trends in the study of podoplanin as a cell morphological regulator.
Sawa Y.
Japanese Dental Science Review 2010; 46: 165-172.
アフリカツメガエル
1) Tarantula toxin ProTx-Ⅰdifferentiates between voltage-gated T-type Ca ²⁺ channels hCav3.1 and hCav3.2
Ohkubo T, Yamazaki J,Kitamura K
J.Pharmacol.Sci.2010;112:452 ₋458
学会発表
ラット
1) Effect of Immediately Post ⁻operative Administration of bFGF on Myofibroblast Apoptosis in the Wound Healing Process of Rat Palate
Yuichiro Hata,Takeshi Ueki,Kazuki Nakashima,Yuka Nakatomi,Eich Tsuruga,Yoshihiko Sawa
Kunihisa Taniguchi,Hiroyuki Ishidawa
7th.International Ortodontic Congress 2010年2月6-9日 (オーストラリア)
2) Different function of cell-specific CLCA isoforms in the rat submandibular gland
Yamazaki J,Okamura K,Ishibashi K,Kitamura K
36th International Congress of Physiological Sciences and 86th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan. July 27-August 1,2009 (kyoto)
3) 咬合性外傷モデルにおける歯槽骨吸収とケモカインの動態.
後藤加寿子,鍛治屋浩,根本哲臣,都築尊,岡部幸司,佐藤博信
第27回日本骨代謝学会学術大会 2009年7月23-25日 (大阪)
4) Steptozotocin 誘発糖尿病ラット歯間乳頭部への器械的圧迫時の歯周組織変化
德永哲彦,榎規雄,岩橋輝明,大野純,岡本和彦,谷口邦久
第51回歯科基礎医学会学術大会・総会 2009年9月9日-11日. (新潟)
5) CO₂レーザー照射によるソケットプリザベーションーラットにおける実験病理学的研究
福岡宏士,石川昌嗣,大郷友規,佐々木美智子,松浦直志,谷口邦久,佐藤博信
日本補綴歯科学九州支部学術大会 2009年10月11日 (福岡)
6) イオンエッチング走査電顕による糖尿病ラット唾液腺の観察
八尋純子,敦賀英知,沢禎彦
第65回日本解剖学会九州支部学術集会 2009年11月7日 (沖縄)
7) 術直後のbFGHの局所投与はラット口蓋部の創傷治癒における筋線維芽細胞のアポトーシスを促進する
秦雄一郎,植木猛士,敦賀英知,沢禎彦,谷口邦久,石川博之
第68回日本矯正歯科学会学術大会 2009年11月16-18日 (福岡)
8) 上皮組織における C1- 透過関連分子の機能連関
山﨑 純
第62回日本薬理学会西南部会 2009年11月27日 (松山)
9) ラット根尖病変創傷治癒に及ぼすEmdogain®gelの効果の解明
松本典祥,茂山千英子,泉利雄,阿南壽
第36回福岡歯科大学学会総会 2009年12月23日 (福岡)
10) “矯正力による痛み”に関与する神経の支配領域に関する研究
井上庸子,石川博之
第5回九州矯正歯科学会学術大会 2010年1月30-31日 (鹿児島)
マウス
1) The Effects of PTHrP on Jagged1 Expression in PDL Cells
Kajiya H, Nakao A, Fukushima H, Fukushima A, Nemoto T, Okabe K.
IADR/AADR/CADR 87th General Session and Exhibition  April 1-4, 2009 (Miami, Florida)
2) RANKL-INDUCED EXPRESSION OF TRPV2 IS INVOLVED IN OSTEOCLASTOGENESIS VIA
OSCILLATIONS
Kajiya H, Okamoto F, Nemoto T, Ohgi K, Okabe K
36th International Congress of Physiological Sciences 2009年7月29日 (京都)
3) CHARACTERISTICS OF ACID-ACTIVATED OUTWARDLY RECTIFYING Cl - CHANNELS IN MOUSE OSTEOCLASTS
Ohgi K, Okamoto F, Nemoto T, Kajiya H, Sakagami R, Okabe K
36th International Congress of Physiological Sciences 2009年7月30日 (京都)
4) カーボンナノチューブ分子ヒーターのマウス舌内動態
川口稔,大野純,福島忠男
第53回日本歯科理工学会会学術講演会 2009年4月11日 (東京都)
5) マウス自然発症転移モデルにおけるセンチネルリンパ節の動態
大野純,岩橋輝明,榎規雄,岡村和彦,谷口邦久
第98回日本病理学会総会 2009年5月1日-3日 (京都)
6) 老年性骨粗鬆症を自然発症する老人促進マウス(SAMP6)の下顎頭部関節軟骨における加齢的変化
大郷友規,福岡宏士,徳冨健太郎,天野浩充,古賀浩,吉田康裕,都築尊,松浦尚志,佐藤博信
第22回日本顎関節学会学術大会 2009年7月25-26日 (東京)
7) LYVE-1 陽性マクロファージの口腔粘膜における分布
西村紗和,植木猛士,中冨佑香,中島一記,岩澤佳奈,畠山雄次,敦賀英知,石川博之,沢禎彦
第51回歯科基礎医学会学術集会 2009年9月9-11日 (新潟)
8) TNA-αはマウス舌リンパ管にICAM-1とVCAM-1の発現を誘導する
岩澤佳奈,植木猛士,西村紗和,中島一記,中冨佑香,敦賀英知,畠山雄次,石川博之,沢禎彦
第51回歯科基礎医学会学術集会 2009年9月9-11日(新潟)
9) マウス口腔上皮と唾液腺筋上皮におけるポドプラニンの発現について
畑実,岩澤佳奈,天野郁子,野田雄也,今泉友里,敦賀英知,小島寛,沢禎彦
第51回 歯科基礎医学会学術大会 2009年9月11日(新潟)
10) マウス実験的歯周炎における免疫応答の解析
鬼塚得也,木村重信,井上晴加,古賀めぐみ,笹本 実,加治木 聡,永井 淳,長 環,上西秀則,坂上竜資
第52回日本歯周病学会 2009年10月11日 (宮崎)
11) 破骨細胞の酸刺激活性化Cl-電流に対する抗ClC7抗体の抑制作用
大城希美子,岡本富士雄,鍛治屋浩,根本哲臣,来海慶一郎,中山修二,岡部幸司
弟60回西日本生理学会 2009年11月7日 (福岡)
12) 口蓋発生における神経堤由来細胞の状態
岡暁子,畠山雄次,敦賀英知,沢禎彦
第36回福岡歯科大学学会総会 2009年12月23日 (福岡)
13) 糖尿病マウスdb /dbに高発現する唾液腺maxi-Kチャネル変異体.
山﨑 純,大久保つや子,岡村和彦
第83日本薬理学会年会 2010年3月16-18日(大阪)
14) マウス軟口蓋・口蓋腱膜形成におけるTGF-βシグナルの役割
岡暁子,本田雅規,敦賀英知,畠山雄次,磯川桂太郎,沢禎彦 
第115回日本解剖学会総会・全国学術集会 2010年3月28-31日 (盛岡)
   

 

0