大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター > 業績(平成20年度)
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター研究業績(平成20年4月~平成21年3月)

発表論文
ラット 
1) Chronological changes in the ultrastructure of titanium-bone interfaces: analysis by light microscopy,
Morinaga K, Kido H, Sato A, Watazu A, Matsuura M.
Clin Implant Dent Relat Res. 2009; 11(1): 59-68
2) Involvement of apical P2Y2 receptor-regulated CFTR activity in muscarinic stimulation of Cl(-)
reabsorption in rat submandibular gland.
Ishibashi K, Okamura K, Yamazaki J.
Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2008; 294(5): R1729-1736
3) Expression of TGF-β1 during the healing process of rat periapical Iesions.
Anan H, Matsuura H, Yoneda M, Matsuya S, Izumi T, Yamada K, Hirofuji T, Matsumoto N, Eida T, Fukushima A, Shigeyama C.
福岡歯科大学学会雑誌 2008; 34(4): 133-146
4) BTC(Bench to Clinic)研究室から臨床へ 生体活性ガラスの歯科領域への応用
松家茂樹, 泉利雄, 阿南壽
DE 2008; 167: 31-33
マウス 
1) The association of Notch2 and NF-B Accelerates RANKL-Induced Osteoclastogenesis.
Fukushima H, Nakao A, Okamoto F, Shin M, Kajiya H, Sakano S, Bigas A, Jimi E, Okabe K.
Mol Cell Biol 2008; 28(20): 6402-6412
2) Characterization of mandibular bones in senile osteoporotic mice.
Tokutomi K, Matsuura T, Atsawasuwan P, Sato H, Yamauchi M.
Connect Tissue Res. 2008; 49(5): 361-366
3) Expression of podoplanin in the mouse tooth germ and apical bud cells.
Sawa Y, Iwasawa K, Ishikawa H.
Acta Histochem Cytochem. 2008; 41(5): 121-126
4) Induction of ICAM-1 and VCAM-1 on the mouse lingual lymphatic endothelium with TNF-alpha.
Iwasawa K, Kameyama T, Ishikawa H, Sawa Y.
Acta Histochem Cytochem. 2008; 41(5): 115-120
5) Different initial steps of apoptosis induced by two types of antineoplastic drugs.
Takagi Y, Hidaka M, Sanada M, Yoshida H, Sekiguchi M.
Biochem Pharmacol. 2008; 76(3): 303-311
6) Expression of podoplanin in the mouse salivary glands.
Hata M, Ueki T, Sato A, Kojima H, Sawa Y.
Arch Oral Biol. 2008; 53(9): 835-841
7) Dynamics of lymphatic vessels during nodal metastasis of oral malignant melanoma in mice.
Iwahashi T, Ohno J, Okamura K, Ozeki S, Taniguchi K.
Oral Med Pathol. 2008; 12(2): 47-52
8) Pre-intercalated DNA/lipid/PLGA film as a drug carrier.
Kawaguchi M, Fukushima T, Hayakawa T, Inoue Y, Ohno J.
J Oral Tissue Engin. 2008; 6(2): 97-105
9) Complexation of DNA with cationic polyamino acid for biomaterial purposes.
Fukushima T, Kawaguchi M, Hayakawa T, Ohno J, Iwahashi T, Taniguchi K, Inoue Y, Takeda S.
J Oral Tissue Engin. 2008; 6(1): 24-32
10) Candida albicansのquorum-sensing分子farnesol
長環, 青山俊弘, 豊田美香, 中山浩伸, 知花博治, 上西秀則
日本医真菌学会雑誌 2008; 49(4): 281-286
イヌ
1) Mineral Trioxide Aggregate(MTA)の物理化学的性質、生物学的特性と臨床応用
泉利雄, 松本典祥, 松浦洋志, 栄田太郎, 福島晶絵, 片山知子, 岸保光, 白水一崇, 宮地久崇,
佐藤寛子, 阿南壽
福岡歯科大学学会雑誌 2008; 34(3): 93-101
サル 
1)  Immunocytochemical localization of parotin subunit in submandibular glands of the Japanese monkey, Macaca fuscata.
Yahiro J, Taniguchi K, Tsuruga E, Sawa Y.
J. of Nara Medic. Assoc. 2008; 59(5): 149-155
ウシ 
1) 小窩裂溝封鎖材の接着性に及ぼすCO2レーザー照射の効果
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉, 松家茂樹
小児歯科学雑誌. 2008; 46(5): 533-541
学会発表
ラット
1) 疑似体液中におけるDNA/キトサン複合体フィルム上へのアパタイト形成
川口稔, 大野純, 早川徹, 井上勇介, 福島忠男
第51回日本歯科理工学会学術講演会 2008年4月26日-27日  (横浜)
2) イオンエッチング免疫走査電顕法による免疫組織細胞化学的研究
八尋純子, 谷口邦久, 沢禎彦
第50回歯科基礎医学会学術大会並びに総会 2008年9月23日-25日  (東京)
3) エムドゲインゲルの根尖部歯周組織創傷治癒に及ぼす効果に関する免疫組織学的解析
松本憲祥, 阿南壽, 泉利雄, 松浦洋志, 榮田太郎
第35回福岡歯科大学学会総会 2008年12月14日 (福岡)
4) CO2レーザー照射による抜歯窩治癒過程の組織学的変化
福岡宏士, 石川昌嗣, 大郷友規, 榎規雄, 岩橋輝明, 大野純, 谷口邦久, 佐藤博信
第35回福岡歯科大学学会総会 2008年12月14日 (福岡)
マウス
1) マウス舌悪性黒色腫・頸部リンパ節転移モデルにおける原発部でのリンパ管と腫瘍細胞の相互作用
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟
第62回日本口腔科学学会 2008年4月17日-18日 (福岡)
2) マウス潰瘍性大腸炎モデルにおけるPSKの抗炎症および腫瘍抑制効果
園田英人, 中村俊彦, 渡辺昭博, 田口健一, 織田信弥, 掛地吉弘, 前原喜彦, 鴻江俊治
第108回日本外科学会定期学術集会 2008年5月15日-17日  (長崎)
3) 老化促進マウス(SAM)の関節周囲の骨・軟骨組織における組織学的および力学的変化
大郷友規, 福岡宏士, 石川昌嗣, 松浦尚志, 徳富健太郎, 都築尊, 佐藤博信
第21回日本顎関節学会総会・学術大会 2008年7月26日-27日  (大阪)
4) GDF-5の軟骨形成細胞凝集への影響
畠山雄次, 沢禎彦
第50回歯科基礎医学会学術大会・総会 2008年9月23日-25日  (東京)
5) マウス転移リンパ節におけるB16メラノーマ細胞の動態
小笹竜起, 大野純, 岩橋輝明, 岡村和彦, 榎規雄, 谷口邦久
第50回歯科基礎医学会学術大会・総会 2008年9月23日-25日  (東京)
6) マウス舌悪性黒色腫・頸部リンパ節転移モデルにおける転移メカニズムについて
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟
第53回日本口腔外科学会総会 2008年10月20日-21日  (徳島)
7) 骨粗鬆症モデルマウスの口蓋粘膜のコラーゲン線維の分析
佐々木美智子, 松浦尚志, 徳富健太郎, 片渕三千綱, 福岡宏士, 大郷友規, 松永興昌, 石川昌嗣, 佐藤博信
第35回福岡歯科大学学会総会 2008年12月14日 (福岡)
8) マウスリンパ管における白血球接着因子の発現
岩澤佳奈, 植木猛士, 天野郁子, 野田雄也, 沢禎彦, 石川博之
第35回福岡歯科大学学会総会 2008年12月14日 (福岡)
9) 酸刺激によって活性化される破骨細胞Cl-チャネルの性質
大城希美子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 坂上竜資, 岡部幸司
第35回福岡歯科大学学会総会 2008年12月14日 (福岡)
10) マウス口腔メラノーマ・モデルにおけるセンチネル・リンパ節の病態
小笹竜起, 大野純, 岩橋輝明, 谷口邦久
第35回福岡歯科大学学会総会 2008年12月14日 (福岡)
ウシ
1) 小窩裂溝封鎖材の接着性に及ぼすCO2レーザー照射の効果
何陽介, 岡本佳三, 松家茂樹
第35回福岡歯科大学学会総会 2008年12月14日 (福岡)