大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター > 業績(平成19年度)
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター研究業績(平成19年4月~平成20年3月)

発表論文
ラット 
1) Immunohistochemical localization of metallothionein in dental pulp after cavity preparation of rat molars.
Izumi T, Eida T, Matsumoto N, Inoue H.
Oral Surg. Oral Med. Oral Pathol. Oral Radiol. Endod. 2007; 104(4): e133-137
2) Wound healing process of injured pulp tissues with emdogain gel.
Kaida H, Hamachi T, Anan H, Maeda K.
J. Endod. 2008; 34(1): 26-30
3) The role of macrophages in the periodontal regeneration using Emdogain gel.
Fujishiro N, Anan H, Hamachi T, Maeda K.
J. Periodontal Res. 2008; 43(2): 143-155
4) Ultrastructure of the interface between titanium and surrounding tissue in rat tibiae--a comparison study on titanium-coated and -uncoated plastic implants.
Okamatsu K, Kido H, Sato A, Watazu A, Matsuura M.
Clin. Implant Dent. Relat Res. 2007; 9(2): 100-111
5) Effects of basic fibroblast growth factor administration on vascular changes in wound healing of rat palates.
Hata Y, Kawanabe H, Hisanaga Y, Taniguchi K, Ishikawa H.
Cleft Palate Craniofac. J. 2008; 45(1): 63-72
6) Effects of bFGF on suppression of collagen type I accumulation and scar tissue formation during wound healing after mucoperiosteal denudation of rat palate.
Choi W, Kawanabe H, Sawa Y, Taniguchi K, Ishikawa H.
Acta Odontol. Scand. 2008; 66(1): 31-37
7) 脂質コートしたb-FGFの調製と組織反応(Preparation and Tissue Response of Lipid-coated b-FGF)
Hayakawa T, Fukushima T, Kawaguchi M, Inoue Y.
J. Oral Tissue Engi. 2007; 5(2): 96-103
8) Tuft cells.
Sato A.
Anatomical. Sci. Int. 2007; 82(4): 187-199
9) ラット根尖病変におけるIL-1発現の加齢変化
阿南壽, 松本典祥, 泉利雄, 松浦洋志, 榮田太郎, 片山知子, 岸保光, 白水一崇, 宮地久崇, 佐藤寛子
福岡歯科大学学会雑誌 2007; 33(3): 147-155
10) 破歯細胞出現部位における歯根膜血管の三次元形態学的研究
久永豊, 石川博之, 岩澤佳奈, 成冨雅則, 秦雄一郎, 川鍋仁
九州矯正歯科学会雑誌 2007; 3(1): 15-20
マウス 
1) Susceptibility of type 2 diabetic mice to low-virulence bacterial infection: induction of abscess formation by gingipain-deficient Porphyromonas gingivalis.
Ishihara Y, Anan H, Yoneda M, Maeda K, Hirofuji T.
J. Periodontal Res. 2007; 42(3): 253-258
2) Intracellular ClC-3 chloride channels promote bone resorption in vitro through organelle acidification in mouse osteoclasts.
Okamoto F, Kajiya H, Toh K, Uchida S, Yoshikawa M, Sasaki S, Kido MA, Tanaka T, Okabe K.
Am. J. Physiol. Cell Physiol. 2008; 294(3): C693-701
3) RANKL-stimulated TNFalpha production in osteoclast precursor cells promotes osteoclastogenesis by modulating RANK signaling pathways.
Nakao A, Fukushima H, Kajiya H, Ozeki S, Okabe K.
Biochem. Biophys. Res. Commun. 2007; 357(4): 945-950
4) MC3T3-E1骨芽細胞様細胞内での周期性機械的伸張によるシクロオキシゲナーゼ-2産生プロスタグランジンE2を介したインターロイキン-6発現誘導(Cyclic Mechanical Strain Induces Interleukin-6 Expression via Prostaglandin E2 Production by Cyclooxygenase-2 in MC3T3-E1 Osteoblast-like Cells)
Narutomi M, Nishiura T, Sakai T, Abe K, Ishikawa H.
J. Oral Biosci. 2007; 49(1): 65-73
5) DNA/脂質/PLGAフィルムの薬剤結合および放出特性(Drug Binding and Releasing Characteristics of DNA/Lipid/PLGA Film)
Fukushima T, Kawaguchi M, Hayakawa T, Takeda S, Inoue Y, Ohno J, Taniguchi K.
Dent Mater J. 2007; 26(6): 854-860
6) Cl-チャネル創薬の現状と展望
山崎純
医学のあゆみ 2007; 223(6): 488-493
ブタ
1) Biochemical characterization of collagen in alveolar mucosa and attached gingiva of pig
Katafuchi M, Matsuura T, Atsawasuwan P, Sato H, Yamauchi M.
Connect Tissue Res. 2007; 48(2): 85-92
サル
1) Localization of protin subunit in the salivary glands, kidney and pancress of the Japanese monkey, Macaca Fuscata
Yahiro J, Miyoshi S.
J. of Nara Medic. Assoc. 2008; 59(1-2): 43-51
ウシ 
1) 酸性フッ素リン酸溶液の性状とエナメル質の耐酸性の向上に関する検討
何陽介, 岡本佳三, 馬場篤子, 本川渉, 宮崎光治
小児歯科学雑誌 2007; 45(1): 65-73
学会発表
ラット
1) Diachronic study on interface microstructure between bone and titanium implant
Morinaga K, Kido H, Okamatsu K, Watazu A, Sato A, Yamamoto K, Nagashima Y, Matsuura M.
16th Annual Scientific Meeting of Europian Academy of Osseointegration 2007年10月25日-27日(Barcelina)
2) Chronological changes in the ultrastructure of titanium-bone interfaces: analysis by light microscopy, transmission electron microscopy, and micro-CT
Morinaga K, Kido H, Sato A, Beppu K, Kakura K, Matsuura M.
6th Annual Meeting of Pan-Pacific Implant Society 2007年11月17日-18日 (Fukuoka)
3) cAMP活性化Cl- チャネルCFTRによるラット顎下腺唾液イオン濃度の制御
石橋一成, 山﨑純, 岡村和彦, 谷口邦久, 北村憲司, 梅津桂子
第49回歯科基礎医学会学術大会 2007年8月29日-31日 (札幌)
4) ラット顎下腺の主要導管の房飾細胞の細管-小胞系の微細構造(Fine structure of the tubulovesicular system of tuft cells in the main excretory duct of the rat submandibular gland)
佐藤敦子, 八尋純子, 森永健三, 森下孝一郎
第49回歯科基礎医学会総会 2007年8月30日  (札幌)
5) ラット顎下腺主導管上皮tuft細胞と味蕾II型細胞の形態とG蛋白質の比較
佐藤敦子, 森山耕成, 森下孝一郎, 長門俊一, 及川哲夫
第112回日本解剖学会総会・全国学術集会 2007年3月27日-29日 (大阪)
6) イオンエッチング免疫走査電顕によるラット唾液腺の免疫組織細胞化学的研究
八尋純子, 佐藤敦子, 谷口邦久
第52回日本唾液腺学会 2007年12月8日 (東京)
7) ラット顎下腺におけるCLCAアイソフォームの選択的発現と機能
山﨑純, 岡村和彦
第52回日本唾液腺学会 2007年12月8日 (東京)
8) DNA/キトサン複合体の特性および加工性
早川徹,福島忠男,川口稔,井上勇介,岡畑恵雄
第36回医用高分子シンポジウム 2007年7月31日 (東京)
9) DNA/人工タンパク質複合体の合成と透明フィルム体の調製
川口 稔,早川 徹,井上勇介,福島忠男,岡畑恵雄
第29回日本バイオマテリアル学会 2007年11月27日 (大阪)
10) チタン・骨界面骨結合の経時的変化-透過型電子顕微鏡およびマイクロCTを用いたラット脛骨における超微細構造の観察
森永健三、城戸寛史、佐藤敦子、岡松加恵、􀑙府健介、山本勝己、松浦正朗
第37回日本口腔インプラント学会学術大会 2007年9月14-16日 (熊本)
11) Micro-CTを用いたチタン・骨界面の超微細構造の観察
森永健三、城戸寛史,別府健介、加倉加恵、松浦正朗
第11回日本顎顔面インプラント学会総会 2007年12月1日-2日 (新潟)
12) チタン・骨界面の超微細構造の経時的変化-光学顕微鏡、透過型電子顕微鏡およびmicro-CTによる分析-
森永健三, 城戸寛史, 佐藤敦子, 加倉加恵, 別府健介, 松浦正朗
第34回福岡歯科大学学会総会 2007年12月9日 (福岡)
13) 加齢に伴うラット根尖病変におけるIL-1発現細胞の動態変化
松本典祥, 泉利雄, 松浦洋志, 榮田太郎, 片山知子, 福島晶絵, 岸保光, 白水一崇, 宮地久崇, 佐藤寛子, 阿南壽
第34回福岡歯科大学学会総会 2007年12月9日 (福岡)
14) Effects of bFGF on vascular network and collagen remodeling in rat palatal wound healing
Choi W, Kawanabe H, Hata Y, Ishikawa H, Taniguchi K.
第66回日本矯正歯科学会大会 2007年9月19日-21日 (大阪)
15) 口蓋部創傷治癒過程におけるbFGF投与は瘢痕組織の形成を抑制する
崔旭鎭, 川鍋仁, 秦雄一郎, 石川博之, 谷口邦久, 沢禎彦
第31回日本口蓋裂学会総会 2007年5月24日-25日 (群馬)
マウス
1) A morphometric analysis temporomandibular of the senescence accelerated mice
Sato H. Daigo Y. Matsuura T. Katafuchi M. Tokutomi K.
25th The Society of Oral Physiology 2007年5月24日-27日 (Naantali)
2) RANKL-induced expression of TRPV2, calcium permeable channel, is involved in osteoclastogenesis via calcium signaling activation.
Okamoto F, Kajiya H, Nakao A, Okabe K.
29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2007年9月16日-19日 (Honolulu)
3) Endogenous TNFα in Osteoclast Precursor Cells Promotes Osteoclastogenesis Via c-Fos and NFATc1Activation
Nakao A, Fukushima H, Kajiya H, Okamoto F, Ozeki S, Okabe K.
29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2007年9月16日-19日 (Honolulu)
4) Histological and biochemical characterization of mandibular bones in senile osteoporotic mice
Tokutomi K, Matsuura T, Daigo Y, Katafuchi M, Toh K, Sato H, Yamauchi M
29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2007年9月16日-19日 (Honolulu)
5) 破骨細胞に出現するCl-チャネル(ClC7)と骨吸収機能調節
岡部幸司, 鍛治屋浩, 岡本富士雄
第49回歯科基礎医学会総会 2007年8月29日  (札幌)
6) RANKL依存的に発現するTRPV2は破骨細胞分化に必要なCa2+シグナル構築に寄与する
岡本富士夫, 鍛冶屋浩, 中尾彰宏, 岡部幸司
第49回歯科基礎医学会総会 2007年8月30日  (札幌)
7) NotchシグナルはNF-κBシグナルと共調し破骨細胞の分化を制御する
福島秀文, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 岡部幸司
第49回歯科基礎医学会総会 2007年8月31日  (札幌)
8) Jagged1刺激により活性化されるNotch2シグナルは破骨細胞の分化を制御する
福島秀文, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 岡部幸司.
第25回日本骨代謝学会 2007年7月20日 (大阪)
9) TRPV2はCa2+シグナルを活性化して破骨細胞分化を促進する
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 岡部幸司
第58回西日本生理学会 2007年10月19日  (福岡)
10) 生分解性γPGAを素材としたナノカプセルのDDSにおける薬物搬送体としての応用
上西秀則, 赤尾哲之, 松永勝政
第23回DDS学会学術集会 2007年6月14日-15日 (熊本)
11) 生分解性ポリγグルタミン酸(γPGA)のDDSにおける薬物搬送体としての応用
上西秀則
第9回応用薬理シンポジウム 2007年9月10日-11日 (東京)
12) 変形性顎関節症を自然発症する老化促進マウス(SAMP8)の下顎骨における骨および軟骨の形態計測学的な解析
大郷友規, 松浦尚志, 徳富健太郎, 片渕三千綱, 福岡宏士, 都築尊, 石川昌嗣, 佐藤博信
第20回日本顎関節学会総会・学術大会 2007年7月13日-15日 (仙台)
13) 老年性骨粗鬆症モデルマウスSAMP6の下顎骨の組織学的およびコラーゲン生化学的分析
松浦尚志, 徳富健太郎, 大郷友規, 片渕三千綱, 藤加寿子, 諸岡梨沙, 佐々木美智子, 佐藤博信
第25回日本骨代謝学会学術集会 2007年7月19日-20日  (大阪)
14) チタン上での骨芽細胞による初期石灰化過程におけるコラ-ゲン線維石灰化関連因子の遺伝子発現動態
松浦尚志
第16回硬組織再生生物学会学術大会・総会 2007年9月21日-22日 (長野)
15) RANKL刺激により破骨細胞前駆細胞から自己分泌されるTNFαは,c-fos及びNFATc1を介して破骨細胞形成を促進する
中尾彰宏, 福島秀文, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 岡部幸司
第25回日本骨代謝学会学術集会 2007年7月19日-20日  (大阪)
16) 破骨細胞形成においてTumor necrosis factor alpha (TNFa)はc-fos,NFATをActivationしている
中尾彰宏, 鍛治屋浩, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡部幸司
第49回歯科基礎医学会総会 2007年8月30日  (札幌)
17) 破骨細胞の形成誘導におけるTumor necrosis factor-α(TNF-α)のオートクライン作用機構と役割
中尾彰宏, 福島秀文, 岡部幸司, 池邊哲郎, 大関悟 
第61回口腔科学会学術集会 2007年4月19日 (神戸)
18) マウス大腸炎発癌モデルにおけるPSKの抗炎症および発癌抑制作用
鴻江俊治, 渡辺昭博, 園田英人, 中村俊彦, 田口健一, 織田信弥, 掛地吉弘, 前原喜彦 
第45回日本癌治療学会総会 2007年10月24日-26日 (京都)
19) マウス大腸炎発癌モデルにおけるPSKの抗炎症および発癌抑制作用(PSK inhibited the inflammation and carcinogenesis in a mouse inflammatory bowel disease-related colorectal cancer model)
園田英人, 中村俊彦, 田口健一, 織田信弥, 掛地吉弘, 前原喜彦, 鴻江俊治
第66回日本癌学会学術総会 2007年10月3日-5日 (横浜)
20) マウス唾液腺におけるpodoplaninの発現(Expression of podoplanin in the mouse salivary glands)
畑実, 植木猛士, 佐藤敦子, 小島寛, 沢禎彦
第49回歯科基礎医学会総会 2007年8月29日-31日  (札幌)
21) マウス口腔上皮におけるポドプラニンの発現
畑実, 植木猛士, 岩澤佳奈, 小島寛, 沢禎彦
第63回日本解剖学会九州支部学術集会 2007年10月20日 (長崎)
22) マウス口腔上皮におけるポドプラニンの発現
畑実, 岩澤佳奈, 植木猛士, 小島寛, 沢禎彦
第34回福岡歯科大学学会総会 2007年12月9日 (福岡)