大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター > 業績(平成18年度)
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター

アニマルセンター研究業績(平成18年4月~平成19年3月)

発表論文
ラット 
1) Roles of ductal Cl- channels in electrolyte reabsorption of rat saliva: in vivo gene silencing by retrograde injection with ClCA and CFTR siRNAs.
Ishibashi K, Yamazaki J, Okamura K, Teng Y-J, Kitamura K, Abe K.
J Dent Res. 2006; 85(12): 1101-1105
2) Clonidine induced endothelium-dependent tonic contraction in circular muscle of the rat hepatic portal vein.
Simamura K, Toba M, Kimura S, Ohashi A, Kitamura K.
J Smooth Muscle Res. 2006; 42(2-3): 63-74
3) Difference in the characteristics of ETA-receptor-stimulated response between rat small pulmonary artilies.
Kato K, Betts LC, Kozolowski R Z, Kitamura K.
J Cardiovasc Pharmacol. 2006; 47(3): 476-486
4) Royal jelly prevents osteoporosis in rats: Beneficial effects in ovariectomy model and in bone tissue culture model
Hidaka S, Okamoto Y, Uchiyama S, Nakatsuma A, Hashimoto K, Ohnishi S. T, Yamaguchi M.
Evid Based Complement Alternat Med. 2006; 3(3): 339-348
5) Preparation of carbon nanotube-alginate nanocomposite gel for tissue engineering.
Kawaguchi M, Fukushima T, Hayakawa T, Nakashima N, Inoue Y, Takeda S, Okamura K, Taniguchi K.
Dent Mater J. 2006; 25(4): 719-725
6) Molecular cloning and expression of a truncated isoform of CLCA in rat submandibular gland
Yamazaki J., Kitamura K.
Journal of Pharmacological Sciences 2006; 100(Suppl. I): 269
7) Pharmaceutical modulation of scar tissue formation after cleft palate surgery
Kawanabe H., Hata Y., Choi W J, Ishikawa H., Taniguchi K.
Journal of Hard Tissue Biology 2005; 14(2): 271-272
8) The influence of cryopreservation on the oligosaccharide expression of tooth germ: sugar chain expression of frozen tooth germs
Ehara M., Ohno J., Iwahashi T., Okamura K., Taniguchi K.
Journal of Hard Tissue Biology 2005; 14(2): 103-105
9) 遊離歯肉移植術における上皮の角化状態の免疫組織学的観察
野口晴加, 坂上竜資, 永井淳
日本歯科保存学雑誌 2006; 49(6): 836-845
10) 細胞接着機能に関与するイオンチャネルの薬理学的特性の解明
山崎純
医科学応用研究財団研究報告 2006; 23: 277-280
11) イソプロテレノール刺激によってラット耳下腺において転写調節される炎症性サイトカイン遺伝子
滕艶傑
福岡歯科大学学会雑誌 2006; 32(2): 61-68
12) 生体活性ガラス(Bioactive glass)を用いたラット歯根端切除部の治癒機転に関する病理組織学的研究
榮田太郎
福岡歯科大学学会雑誌 2006; 32(2): 69-84
マウス 
1) Expression of mouse osteoclast K-Cl cotransporter-1 and its role during bone resorption.
Kajiya H, Okamoto F, Li JP, Nakao A, Okabe K.
J Bone Miner Res. 2006; 21(7): 984-992
2) Alpha9beta1: a novel osteoclast integrin that regulates osteoclast formation and function.
Rao H, Lu G, Kajiya H, Garcia-Palacios V, Kurihara N, Anderson J, Patrene K, Sheppard D, Blair HC, Windle JJ, Choi SJ, Roodman GD.
J Bone Miner Res. 2006; 21(10): 1657-1665
3) Functional characterization of human osteoclast inhibitory peptide-1 (OIP-1/hSca) gene promoter.
Srinivasan S, Ito M, Kajiya H, Key LL, Johnson-Pais TL, Reddy SV
Gene. 2006; 371(1): 16-24
4) Three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants are expressed in mouse osteoclasts and mediate calcium transport during bone resorption.
Li JP, Kajiya H, Okamoto F, Nakao A, Iwamoto T, Okabe K.
Endocrinology. 2007; 148(5): 2116-2125
5) RANK ligand expression in heat shock factor-2 deficient mouse bone marrow stromal/ preosteoblast cells.
Kajiya H, Ito M, Ohshima H, Kenmotsu S, Ries WL, Benjamin IJ, Reddy SV.
J Cell Biochem. 2006; 97(6): 1362-1369
6) Molecular and immunohistochemical studies in expression of volatge-depandent Ca2+ channels in dorsal root ganglia from streptozotocin-induced diabetic mice.
Umeda M, Ohkubo T, Ono J, Fukuizumi T, Kitamura K.
Life Sci. 2006; 79(21): 1995-2000
7) Molecular devices for high fidelity of DNA replication and gene expression
Sekiguchi M.
Proceedings of the Japan Academy Series B, Physical and Biological Sciences. 2006; 82(8): 278-296
8) 癌のリンパ節転移 マウス舌悪性黒色腫のリンパ節転移における原発巣でのリンパ管の動態
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟
日本口腔科学会雑誌 2007; 56(1): 123-124
学会発表
ラット
1) Ultramicrostructure of collagen fibers around thin titanium coated plastic implant in the rat tibia.
Okamatsu K, Kido K, Sato H, Watazu A, Teraoka K, Matsunaga T, Saito N.
21st Annual Meeting Academy of Osseountegration, 2006年3月16-18日 (Seattle)
2) ラット実験的歯周炎モデルにおけるエムドゲインゲルの効果に関する免疫組織化学的解析
藤城直也, 甲斐田光, 椛島浩明, 木村龍誠, 松本明子, 宇治綾子, 磯辺量子, 前田勝正, 阿南壽
第125回日本歯科保存学会 2006年11月9日 (鹿児島)
3) bFGFの歯髄創傷治癒に及ぼす効果に関する免疫組織学的解析
甲斐田光, 藤城直也, 椛島浩明, 松本明子, 木村龍誠, 磯辺量子, 宇治綾子, 前田勝正, 阿南壽
第125回日本歯科保存学会 2006年11月9日 (鹿児島)
4) ラット顎下腺導管上皮細胞に局在するClチャネルによるCl再吸収
石橋一成, 山﨑純, 岡村和彦, 谷口邦久, 北村憲司
第48回歯科基礎医学会 2006年9月22日 (横浜)
5) ラットCa2+活性化Cl-チャネル関連分子rCLCAの局在
岡村和彦, 山﨑純, 石橋一成, 大野純, 北村憲司, 谷口邦久
第48回歯科基礎医学会 2006年9月21-23日 (横浜)
6) ラット顎下腺に局在するCa2+活性化Cl-チャネル関連分子CLCAの性質
山﨑純, 岡村和彦, 石橋一成, 谷口邦久, 北村憲司
第48回歯科基礎医学会 2006年9月21-23日 (横浜)
7) 破骨細胞および破歯細胞出現部位における歯根膜毛細血管の3次元形態学的研究
久永豊, 石川博之
第65回日本矯正歯科学会大会 2006年9月13日-15日 (札幌)
8) Immunohistochemical study on effects of bFGF on collagen remodeling in palatal wound healing of rats.
Choi W, Kawanabe H, Hata Y, Ishikawa H, Taniguchi K.
第65回日本矯正歯科学会大会 2006年9月13日-15日 (札幌)
9) フィブリン糊塗布後のbFGF投与が口蓋部瘢痕形成ラットの骨膜性成長に与える効果.
川鍋仁, 秦雄一郎, 崔旭鎮, 石川博之, 谷口邦久
第30回日本口蓋裂学会 2006年5月24日-27日 (白馬)
10) ラット口蓋骨面の創傷治癒過程におけるbFGF投与が血管網構築にあたえる効果
秦雄一郎, 川鍋仁, 久永豊, 谷口邦久, 石川博之
第2回九州矯正歯科学会 2007年2月17日-18日 (宮崎)
11) 口蓋部創傷治癒過程におけるbFGF投与後のcollagen remodelingの病理組織学的観察
崔旭鎮, 川鍋仁, 秦雄一郎, 石川博之, 谷口邦久, 沢禎彦
第2回九州矯正歯科学会 2007年2月17日-18日 (宮崎)
12) 破骨細胞および破歯細胞出現部位における歯根膜血管の走行-連続切片による3次元形態観察-
久永豊, 野口晴香, 石川博之, 坂上竜資, 長門俊一
第33回福岡歯科大学学会総会 2006年12月10日 (福岡)
13) ラット口蓋部骨露出創の治癒過程においてbFGF投与がcollagen remodelingに与える効果
崔旭鎮, 川鍋仁, 秦雄一郎, 石川博之, 谷口邦久, 沢禎彦
第33回福岡歯科大学学会総会 2006年12月10日 (福岡)
マウス
1) Expression of three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants in mouse osteoclasts and their function role during bone resorption.
Okabe K, Li JP, Kajiya H, Okamoto F, Nakao A, Fukushima H, Iwamoto T.
28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2006年9月15日-19日 (Philadelphia)
2) Point mutations of ClCN7 in Autosomal dominant osteopetrosis type 2 (ADO 2) are reduced acidactivated ClC-7 Cl- currents.
Kajiya H, Okamoto F, Fukushima H, Reddy SV, Okabe K.
28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2006年9月15日-19日 (Philadelphia)
3) Bone histomorphometoric characters of the mandible in senescence-accelerated mice(SAM)P8 with temporomandibular joint osteoarthritis by comparing with those in SAMP6 with osteoporosis.
Daigo Y, Matsuura T, Katafuchi M, Tokutomi K, Tsuzuki T, Ishikawa M, Sato H.
第1回国際顎関節学会並びに第19回日本顎関節学会総会・学術大会 2006年7月19日-21日 (名古屋)
4) マウスモデルを用いた歯周病原性細菌による実験的嚥下性肺炎
清浦有祐, 阿部行洋, 鈴木奈央, 小平杏子, 岡田萌
第49回春季日本歯周病学会学術大会 2006年4月28日-29日 (市川)
5) チタン上で培養した骨芽細胞の石灰化過程におけるマトリックスメタロプロテアーゼの遺伝子発現
後藤洋介, 松浦尚志, 大郷友規, 片渕三千綱, 徳富健太郎, 都築尊, 佐藤博信
平成17年度日本補綴歯科学会中国・四国・九州支部学術学会 2006年9月3日-4日 (山口)
6) 歯周病原性細菌によるマウス膿瘍形成-細菌種およびマウスストレインの違いの影響-
吉兼透, 今泉康一, 米田雅裕, 内藤徹, 鈴木奈央, 山田和彦, 岡田一三, 廣藤卓雄
第125回日本歯科保存学会秋季学術大会 2006年11月9日-10日 (鹿児島)
7) 潰瘍性大腸炎モデルにおける1,2-dimethylhydrazine(DMH)誘発大腸癌とPSKの抑制効果
堤敬文, 力丸竜也, 郡谷篤史, 渡辺昭博, 中島秀彰, 前原喜彦, 鴻江俊治
第106回日本外科学会定期学術集会 2006年3月29日 (東京)
8) 口腔扁平上皮癌細胞による破骨細胞誘導と顎骨浸潤メカニズムの検討
多田剛之, 橋本憲一郎, 福沢秀昭, 池邉哲郎, 大関 悟
第60回日本口腔科学会総会 2006年5月11日 (名古屋)
9) マウス舌悪性黒色腫のリンパ節転移における原発巣でのリンパ管の動態
岩橋輝明, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関 悟
第60回日本口腔科学会総会 2006年5月11日 (名古屋)
10) CLC-3 Cl-チャネルを欠損した破骨細胞は骨吸収活性が低下する
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 福島秀文, 藤加寿子, 岡部幸司
第24回日本骨代謝学会 2006年7月6日-8日 (東京)
11) 破骨細胞に発現する3種のNa+/Ca2+交換輸送体(NCX)とこれらの骨吸収への関与
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 中尾彰宏, 福島秀文, 岡部幸司
第24回日本骨代謝学会 2006年7月6日-8日 (東京)
12) 破骨細胞のNa+/Ca2+交換輸送体の発現とその骨吸収機能への関与
鍛治屋浩, 李京平, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 岩本隆宏, 岡部幸司
第83回日本生理学会 2006年3月28日-30日 (前橋)
13) 破骨細胞形成におけるTumor necrosis factor alpha のオ-トクライン作用
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司
第57回西日本生理学会 2006年10月27日 (宮崎)
14) 老年性骨粗鬆症モデルマウスの下顎骨および大腿骨のコラーゲン生化学的性質
徳富健太郎, 松浦尚志, 大郷友規, 片渕三千綱, 佐藤博信
第33回福岡歯科大学学会総会 2006年12月10日 (福岡)
15) Tumor ncrosis factor alpha(TNFα)は,オ-トクライン的に破骨細胞形成を促進する
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司
第33回福岡歯科大学学会総会 2006年12月10日 (福岡)
16) 糖尿病態下での唾液電解質組成を指標とした唾液腺機能の予測
品川兼一, 山﨑純
第33回福岡歯科大学学会総会 2006年12月10日 (福岡)