大学紹介

トップページ > 大学紹介 > アニマルセンター >業績(平成17年度)
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター

アニマルセンター

アニマルセンター研究業績(平成17年4月~平成18年3月)

発表論文
ラット 
1) Characterization of CLCA protein expressed in ductal cells of rat salivary glands.
Yamazaki J., Okamura K., Ishibashi K., Kitamura K.
Biochim. Biophys. Acta., 2005; 1715(2): 132-144
2) Secretion of salivary cystatin S by the submandibular glands of rats following various dental treatment, chronic treatment with isoproterenol and in resistance against plaque formation.
Markovic D., Abe K., Teng Y., Ishibashi K., Nishiura T., Letic-Gavrilovic A.
Scientific Thought and Clinical Practice, 10 years of BaSS 2005; 6-23
3) ラット顎下腺主導管上皮のtuft細胞と未蕾Ⅱ型細胞の類似性について
佐藤敦子, 森山耕成
顕微鏡, 2005; 40(1): 45-48
4) ラット口蓋粘膜骨膜除去後早期の創傷治癒過程における口蓋骨の変化
川鍋仁, 木下尚一, 秦雄一郎, 石川博之, 岡村和彦, 谷口邦久
J. Oral Biosci., 2005; 47(3): 294-304
5) 窩洞形成後のラット歯髄におけるMetallothioneinの免疫組織化学的検索
泉利雄, 石川宏伸, 栄田太郎, 田村尚治, 井上廣
日歯保存学誌, 2005; 48(6): 806-812
6) 歯胚の凍結保存による糖鎖発現および硬組織形成への影響
江原道子
福岡歯大会誌, 2005; 31(3): 141-156
7) エポン切片-イオンエッチング-SEM法の骨組織三次元構造解析への応用
井上庸子
福岡歯大会誌, 2005; 31(4): 185-203
マウス 
1) Frequency of occurrence of spontaneous calcified deposits in heart and tongue of DBA/2NCrj mice.
Hidaka S., Okamoto Y.
Nature and Culture, 2005; 32: 25-29
2) Systemic immunization with streptococcal immunoglobulin-binding protein Sib 35 induces protective immunity against group: a Streptococcus challenge in mice.
Okamoto S., Tamura Y., Terao Y., Hamada S., Kawabata S.
Vaccine, 2005; 23(40): 4852-4859
3) Protective immunity against Streptococcus pyogenes challenge in mice after immunization with fibronectin-binding protein.
Terao Y., Okamoto S., Kataoka K., Hamada S., Kawabata S.
J. Infect Dis., 2005; 192(12) 2081-2091
4) Differential bone histomorphometric characters of the mandible in senescence-accelerated mice (SAMP6 and SAMP8); murine models for senile osteoporosis and temoromandibular joint osteoarthritis.
Daigo Y., Matsuura T., Sato H.
J. Hard Tissue. Biol., 2005; 14(1): 13-19
5) Differential gene expression of matrix metalloproteinase-3 and - 13 during mineralization of MC3T3-E1cells cultured on titanium implant material.
Goto Y., Matsuura T., Daigo Y., Sato H.
J. Hard Tissue. Biol., 2005; 14(1): 21-27
6) Differential bone histomorphometric characters of the mandible and femur in senescence-accelerated mice (SAMP6 and SAMP8); murine models for senile osteoporosis and temoromandibular joint osteoarthritis.
Matsuura T., Digo Y., Goto Y., Katafuchi, M., Tokutomi K., Tsuzuki T., Sato H.
J. Bone Miner. Res., 2005; 20(1): 161
7) IL-1-induced receptor activator of NF-Kappa B ligand in human periodontal ligament cells involves ERK- dependent PGE2 production.
Fukushima H., Jimi E., Okamoto F., Motokawa W., Okabe K.
Bone, 2005; 36(2): 267-275
8) Activation of NF-KappaB promotes the transition of large, CD43+pre-B cells to small, CD43-pre-B cells.
Jimi E., Phillips R. J., Rincon M., Voll R., Karasuyama H., Flavell R., Ghosh S.
Int Immunol., 2005; 17(6): 815-825
9) Role of nuclear factor-KappaB in the immune system anf bone.
Jimi E.., Ghosh S.
Immunol. Rev., 2005; 208 80-87
10) NF-{Kappa}B is dispensable for normal lymphocyte development in bone marrow but required for protection of progenitors from TNF{alpha}.
Igarashi H., Baba Y., Nagai Y., Jimi E., Ghosh S., Kincade P. W.
Int. Immunol., 2006; 18(5) 653-659
11) NF-{Kappa}B is dispensable for normal lymphocyte development in bone marrow but required for protection of progenitors from TNF{alpha}.
Igarashi H., Baba Y., Nagai Y., Jimi E., Ghosh S., Kincade P. W.
Int. Immunol., 2006; 18(5) 653-659
12) Porphyromonas gingivalisとTannerella forsythiaの混合感染による病原性増強
米田雅裕, 前田勝正, 廣藤卓雄
日歯保存誌, 2005; 48(6): 797-799
13) 関節リウマチ治療学の最新動向 シグナル伝達系を標的とした薬剤の開発研究 NF-κBの転写活性抑制剤ベンチワークとベッドサイドの架け橋を目指して
自見英治郎, 仲村一郎
日臨, 2005; 63(9): 1627-1632
ハムスター
1) ハムスター舌の発癌過程におけるtelomerase reverse transcriptase(TERT)の発現と転写因子Sp1の関連性
三浦正資, 日高圭太郎, 岩橋輝明, 内田竜司, 岡村和彦, 大関悟
日口腔外会誌, 2005; 51(7), 324-331
ウシ
1) 両親媒性脂質を含むMMA/TBBレジンの抗菌活性と接着(Antibacterial activities and bonding of MMA/TBB resin containing amphiphilic lipids)
Kazuno Taichi, Fukushima Tadao, Hayakawa Tohru, Inoue Yusuke, Ogura Rieko, Kaminishi Hidenori, Miyazaki Koji
Dental Mater. J., 2005; 24(2), 244-250
学会発表
ラット
1) Ca2+活性化Cl-チャネル関連分子CLCAのラット唾液腺における局在と機能
山崎純, 石橋一成, 岡村和彦, 北村憲司, 阿部公生
第50回日本唾液腺学会 2005年12月3日 (東京)
2) ラット唾液腺の導管細胞に発現するラットCa2+活性化Cl-チャネルCLCAの特徴(Characterization of the rat Ca2+-activated Cl-channel CLCA expressed in ductal cells of rat salivary glands)
Yamazaki Jun, Okamura Kazuhiko, Ishibashi Kazunari, Kitamura Kenji
第79回日本薬理学会年会 2005年3月8日-10日 (横浜)
3) 生体活性ガラスを用いたラット歯根端切除部の治癒機転に関する病理組織学的研究
榮田太郎, 泉利雄, 石川宏伸, 川波裕, 井上廣
第122回日本歯科保存学会 2005年春季学術大会 6月2日-3日 (札幌)
4) 窩洞形成後ラット臼歯歯髄中の単球・大食球にアポトーシスが生じる
泉利雄, 栄田太郎, 石川宏伸, 田村尚治, 井上廣
第123回日本歯科保存学会 2005年秋季学術大会 11月23日-25日 (東京)
5) ラット耳下腺においてIPR刺激によって転写調節される炎症性サイトカイン遺伝子
滕艶傑, 石橋一成, 阿部公生
第47回歯科基礎医学会学術大会並びに総会 2005年9月28日-30日 (仙台)
6) ラット脛骨におけるチタン-骨界面の観察-チタンコーティングブラスチックインプラントの応用- 
岡松加恵, 城戸寛史, 佐藤敦子, 渡津章, 寺岡啓, 森永健三, 松浦正朗
第32回福岡歯科大学学会総会 2005年12月18日 (福岡)
7) ラット顎下腺導管上皮細胞に局在するrCLCA1によるCl- 再吸収
石橋一成, 山﨑純, 岡村和彦, 滕艶傑, 阿部公生
第32回福岡歯科大学学会総会 2005年12月18日 (福岡)
8) bFGF投与が創傷治癒過程における口蓋骨面の血管網にあたえる効果
秦雄一郎, 谷口邦久, 川鍋仁, 崔旭鎮, 石川博之
第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2005年5月25日-26日 (東京)
マウス
1) マウス破骨細胞中のNa+/Ca2+イオン交換体の発現及び骨吸収におけるそれらの機能的役割(Expression of Na+/Ca2+ exchangers in mouse osteoclasts and their functional role in bone resorption)
Li Jing-Ping, Kajiya H., Nakao A., Okamoto F., Iwamoto T., Okabe K.
第56回西日本生理学会 2005年10月21日-22日 (北九州)
2) 破骨細胞に発現するCIC-3CI-チャネルはオルガネラ酸性化を促し骨吸収に寄与する
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 李京平, 中尾彰宏, 岡部幸司
第56回西日本生理学会 2005年10月21日-22日 (北九州)
3) チタン上で培養した骨芽細胞の石灰化過程におけるマトリックスメタロプロテアーゼの遺伝子発現
後藤洋介, 松浦尚志, 大郷友規, 片渕三千綱, 徳富健太郎, 都築尊, 佐藤博信
平成17年度日本補綴歯科学会中国・四国・九州支部学術学会 2006年9月3日-4日 (山口)
4) マウスのストレプトゾトシン誘発痛覚過敏における脊髄感作メカニズム(Spinal sensitization mechanism in streptozotocin-induced hyperalgesia in mice)
Umeda Mariko, OhkuboTsuyako, OhnoJun, Fukuizumi Tadaoki, Kitamura Kenji
第79回日本薬理学会年会 2005年3月8日-10日 (横浜)
5) 常染色体優性大理石病の原因遺伝子ClCN7の点変異によるCl-輸送の機能障害
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 藤加寿子, 自見英治郎, 李京平, 中尾彰宏, 岡部幸司
第47回歯科基礎医学会学術大会並びに総会 2005年9月28日-30日 (仙台)
6) 破骨細胞に発現するClC-3 Cl-チャネルは細胞内イオンチャネルとして骨吸収に関与する
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 藤加寿子, 自見英治郎, 岡部幸司
第47回歯科基礎医学会学術大会並びに総会 2005年9月28日-30日 (仙台)
7) 骨芽細胞におけるα1アドレナリン受容体刺激によるRANKL遺伝子の発現誘導にはPKCおよびERKが関与する
西浦利博, 阿部公生
第47回歯科基礎医学会学術大会並びに総会 2005年9月28日-30日 (仙台)
8) 口腔悪性黒色腫におけるリンパ節転移への脈管新生の関与
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 澤熊文平, 江原道子, 谷口邦久, 大関悟
第47回歯科基礎医学会学術大会並びに総会 2005年9月28日-30日 (仙台)
9) DNA/人工脂質複合体とポリ乳酸からなる新規scaffold材料 Drug徐放機能について
福島忠男, 川口稔, 早川徹, 井上勇介, 武田昭二, 中村正明, 宮崎光治
第46回日本歯科理工学会学術講演会 2005年9月15日-16日 (長崎)
10) 老年性骨粗鬆症および変形性顎関節症モデルマウス(老化促進マウス)の下顎骨の骨形態計測学的解析
大郷友規, 松浦尚志, 徳富健太郎, 都築尊, 佐藤博信
第23回日本骨代謝学会学術集会 2005年7月21日-23日 (大阪)
11) 破骨細胞に発現するCLC-3 Cl-チャネルは骨吸収機能分子として働く
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 藤加寿子, 岡部幸司
第23回日本骨代謝学会学術集会 2005年7月21日-23日 (大阪)
12) 常染色体優性大理石骨病typeIIはCLCN7点変異によるCl-分泌抑制が一因である
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 自見英治郎, 藤加寿子, 岡部幸司
第23回日本骨代謝学会学術集会 2005年7月21日-23日 (大阪)
13) 口腔扁平上皮癌細胞による破骨細胞誘導機構の解明と顎骨浸潤モデルの確立
多田剛之, 自見英治郎, 中尾彰宏, 大関悟, 岡部幸司
第23回日本骨代謝学会学術集会 2005年7月21日-23日 (大阪)
14) 口腔扁平上皮癌細胞による破骨細胞形成と顎骨浸潤メカニズムについて
多田剛之, 大関悟, 岡本正人, 岡部幸司
第29回日本頭頸部癌学会 2005年6月15日-17日 (東京)
15) 破骨細胞におけるNa/Ca2+交換輸送体(NCX)の発現とその骨吸収への関与
李京平, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 岩本隆弘, 岡部幸司
第32回福岡歯科大学学会総会 2005年12月18日 (福岡)
16) NFkBシグナルの骨と歯に対する役割に関する研究
福島秀文, 鍛治屋浩, 尾崎正雄, 岡部幸司, 福本敏, 自見英治郎, 本川渉
第32回福岡歯科大学学会総会 2005年12月18日 (福岡)
17) 老年性骨粗鬆症および変形性顎関節症モデルマウス(老化促進マウス:SAM)における下顎骨の骨形態計測学的な加齢変化の特徴
大郷友規, 松浦尚志, 徳富健太郎, 都築尊, 佐藤博信
第32回福岡歯科大学学会総会 2005年12月18日 (福岡)
18) マウス舌の悪性黒色腫におけるリンパ節移転に関するリンパ管の動態
岩橋輝明, 大野純, 江原道子, 澤熊文平, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟
第32回福岡歯科大学学会総会 2005年12月18日 (福岡)
イヌ
1) 試作根充材中の銀粒子の挙動について
榮田太郎, 泉利雄, 石川宏伸, 松浦洋志, 田村尚治, 井上廣
第32回福岡歯科大学学会総会 2005年12月18日 (福岡)
ブタ 
1) CO2レーザー照射時のフィクスチャーの温度変化について
山田俊介, 大森桂二, 神村正人, 田代教二, 山本勝己, 城戸寛史, 松浦正朗
第22回日本口腔インプラント学会九州支部総会 2005年2月19日-20日 (佐賀)
カエル
1) ヒト子宮平滑筋で発現変化する4種のT型Ca2+チャネルCav3.2のスプライスアイソフォームについて
大久保つや子, 井上善仁, 瓦林達比古, 北村憲司
第47回日本平滑筋学会総会 2005年7月6日-8日 (仙台)