歯科医師への道

6年間の教育システム

口腔医学の実践に必要な態度・知識・技能を修得。

教養と良識をそなえた有能な歯科医師を育成するために、本学では態度教育、関連医学教育、専門歯学教育を3本の柱とする6年一貫教育をとっています。その学びに沿って進むことにより、口腔医学を実践できる歯科医師として必要な倫理的態度、専門知識、技能を修得することができるのです。

  • 社会人として、医療人として必要な態度、コミュニケーション能力を養成します。
  • グローバルな視点、国際感覚を身につけるためネイティブスピーカーによる英語会話授業を、歯科臨床にも役立つ充実した内容で行っています。
  • 内科・外科をはじめ歯科医師にとって重要な9科目の関連医学授業を組み、全身を理解できる歯科医師を養成します。
  • 診療参加型臨床実習を中心としたカリキュラムで、高度な口腔医学を行うための基礎的知識、専門知識、専門技能を身につけることができます。
  • 学生生活の疑問や不安など何でも相談できる「助言教員制度」「オフィスアワー制度」を設け、大学生活をスムーズに送れるよう全学をあげて支援しています。

口腔医学とは

近年、口腔と全身疾患との関連性が次々と明らかとなり、加えて超高齢社会を迎えるにあたって、これからの歯科医療は、口腔をひとつの臓器と捉え、全身的な医学をベースにすることが求められています。このような背景から本学では、歯学から口腔医学への脱皮を図り、カリキュラムを見直して医学教育にも重点をおいています。

図:6年間の教育システム(1〜4学年)

1学年 [教養科目]
教養科目を中心に学び高い意識と人間性を育成。
歯学部に入学したことを実感し、歯科医師になるという意識や意欲を高めるため系統解剖学、組織学、歯の解剖学、生理学などの専門教科や医・口腔医学概論が組まれています。チュートリアル方式小グループ学習、行動科学セミナー、福祉施設見学、情報処理実習によってヒューマニティあふれる態度、コミュニケーション能力や情報処理能力を身につけます。また生物、物理、化学など理科系科目では、高校で選択しなかった科目についてもスムーズに理解できるよう段階的な教育を行っています。

2学年 [専門科目・基礎]
口腔医学の基礎となる専門科目と実習がスタート!
総合医歯学教育としての専門基礎科目の講義と実習に重点が移ります。医歯学の基礎となる生命科学の知識を解剖学、組織学、生理学、生化学、細菌学、病理学、薬理学、歯科理工学などの講義・実習で総合的に修得。一方で心理学、倫理学、ネイティブスピーカーによる英語会話などの教養科目の講義を通して、歯科医師としての人間形成にも磨きをかけます。また、情報処理実習では、PCを使用したディスカッションでコミュニケーション能力を高めるなど、次のステップにつながるよう多彩なカリキュラムが組まれています。

3・4学年 [専門科目・臨床]
本格的な臨床実習に向け広範で全身的な学びの分野へ。
【3学年】
口腔顎顔面領域の病気に関する専門基礎知識を学ぶ段階に入ります。臨床科目に直結する基礎歯科学および臨床口腔医学の講義と実習が盛り込まれているほか、歯や歯周の病気、顎顔面領域の病気を基礎的、臨床的に理解することに重点がおかれます。全身との関連も重要であることから関連医学の講義も加わり、幅広い視点からの臨床口腔医学教育が行われます。
【4学年】
臨床口腔医学教育として歯科医療に深く関わる臨床科目の講義と実習を主体に、4学年までに学ぶべき必要不可欠なモデル・コアカリキュラムの内容を習得し終えるとともに、歯科医師としての態度、患者さんへの接し方なども臨床の場に即して学びます。本格的な臨床実習に向けてこれまでに習得した知識・技能・態度を総合させる重要な学年といえます。

図:6年間の教育システム(5・6学年)

5・6学年 [臨床実習]
【共用試験】
臨床実習に進む前の段階で行われます。臨床実習をスムーズに行うために必要な基本的知識、技能、態度などがそなわっているかどうかを評価する全国共通試験です。コンピューター(PC)を用いて知識を評価する試験(CBT)と、技能・態度を評価する客観的臨床能力試験(OSCE)の2つからなっており、試験をパスするといよいよ実際の患者さんと接する臨床実習に入ります。

実際に患者さんと接する臨床実習で歯科医師としての知識・技能・態度を修得。
【第5学年前期】
後期からの診療参加型臨床実習に向けて登院前実習がはじまります。4学年までに修得した知識や技能を整理するとともに、さまざまな臨床現場を想定した課題を通し、臨床実習に不可欠な能力が発揮できるよう指導医のもとで最終的なトレーニングを行います。前期の最終段階では、これまでの知識・技能・態度を客観的に評価する共用試験が行われます。

【第5学年後期】
いよいよ診療参加型臨床実習がはじまり、臨床の場に出て実際に患者さんを診ることになります。臨床各科の診療室で担当の専任指導医のアドバイスを受けながら、自ら直接患者さんに接し、その診療内容をひとつひとつ経験しながら歯科臨床の実践を学びます。

【第6学年】
5学年で行った実習での経験と知識をもとに、さらに高度な能力を養うための診療参加型臨床実習を行います。歯科医師国家試験や卒業後の臨床研修、あるいは研究活動を行う大学院進学などを念頭に、これまでの臨床実習や基礎教育、関連医学教育、態度教育などで得た知識・技能を集大成して、すぐれた歯科医師になるための確固たる礎を築く年になります。

国家試験

6年間の集大成。歯科医師となるためのハードル。
6年間にわたる歯学教育の集大成であり、歯科医師になるためのハードルが国家試験です。試験は2月上旬に行われ、3月下旬に合格者を発表。今年の全国平均合格率は67.5%でした。国家試験合格者には厚生労働大臣より歯科医師免許が交付されます。

歯科医師臨床研修

卒業後、歯科医師臨床研修で高い知識・豊かな人間性を身につけます。
国家試験に合格したあとは、最後のステップともいうべき歯科医師臨床研修に入ります。本学病院でも多くの臨床研修医たちが、院内または院外協力施設等でより実践的な修練を積んでいます。さらに多彩な講師陣による臨床セミナーを開催するなど、高い知識・技能とともに、倫理観や豊かな人間性をそなえた臨床歯科医師を育成しています。

大学院

充実した最新設備と環境のなかで取り組む高レベルの研究活動。
臨床研修を終え、さらに深く専門分野を探求したい学生には大学院進学という道があります。最新の高性能機器や日本有数の研究施設に支えられ、各研究室では日々歯学・医学に関する高度な研究が続けられています。本学大学院生の研究活動の成果は国内外の学会などでも高く評価されています。大学院課程修了者には博士(歯学)の学位が授与されます。

PageTop

0