教育・研究施設

トップページ > 再生医学研究センター > センター長紹介
  • youtube
  • 受験生の皆様へ TowardFuture 入試情報
  • 教員インタビュー
  • 入試情報/オープンキャンパス
  • 公開講座
  • 広報誌「New Sophia」

再生医学研究センター

センター概要・紹介 | センター長紹介 | 教育の概要・研究テーマ | 研究成果報告会 | 研究業績

センター長紹介

 

氏名:山﨑  純  再生医学研究センター 山崎純 教授
所属:細胞分子生物学講座
   分子機能制御学分野
学位:薬学博士
 

自己紹介

 昭和60年東京大学薬学部薬学科卒業、平成2年同大学大学院薬学系研究科博士課程修了(薬学博士)。平成2年より平成10年3月まで、東京大学薬学部教務職員を経て大学院薬学系研究科助手として着任。平成7年から平成10年まで米国ネバダ大学医学部にてResearch assistant professorとして留学。
平成10年4月より福岡歯科大学細胞分子生物学(旧歯科薬理学)講座に助教授として着任しました。准教授を経て、平成21年7月1日から細胞分子生物学講座分子機能制御学分野(薬理学担当)教授に昇任しました。平成27年5月1日から再生医学研究センター長に着任し、現在に至っております。
 薬理学教育では、2~3年生に対して自律神経・中枢神経作用薬、抗炎症薬、局所麻酔薬、化学療法薬などの各論から薬理学総論(薬物受容体、細胞内情報伝達、薬物動態学)までを講義しています。特に、臨床のニーズに合った薬理学教育を実施するために、臨床の場で汎用される医薬品の薬理作用を中心とした実習・講義内容を組み立てています。また、一方向の講義ではなく、演習の時間を多く取り入れながら、能動的に一人一人の学生が知識を取り入れるような授業・実習内容の改善を図っています。
 さらには、医科臨床各科、高齢者歯科や病院薬局との授業連携を進めてきました。平成24年度には医科臨床で用いられる薬剤に特化した臨床薬理学講義を開講しました。また、口腔医学推進の観点から開講された、歯学・医学系8大学連携の「医歯学連携演習」におきまして、リアルタイムの双方向性TV配信授業(心療内科、内科、外科または口腔外科と薬理とのコラボ授業)を4コマ担当しております。
 研究においては、電気生理学的、分子生物学的、生化学的ならびに免疫組織学的手法を取り入れて、イオン輸送体やその関連タンパクの生理機能の解明をめざしています。これまで、陰イオン透過機能発現に関与する遺伝子 (ラットCLCA) の分子クローニングを行ない、唾液腺導管上皮細胞でCl- 再吸収に関与することを明らかにしてきました。この分子と他のタンパクとの相互作用に焦点を絞って研究を進めてきたところ、CLCAのスプライシング変異体が足場タンパクとの相互作用を介して重層扁平上皮細胞の接着と分化を制御するという知見を得ました。さらに、病態構造学の教員と共同して、上皮基底細胞の分化・増殖にこの分子が関与する可能性について研究を展開しています。
 また、臨床各科(歯周病学、矯正歯科学、口腔外科学)の大学院生を受け入れて、皮膚組織と口腔粘膜組織における創傷治癒の分子メカニズムの解析などを行なっています。他方、歯科医療工学講座の教員とは、ナノマテリアルを用いての抗癌免疫療法の開発を進めてきました。再生医学研究センターにおきましては、顎顔面統合組織再建システムの開発にも積極的に取り組んでいます。ご興味のある皆様からのお問合せや研究への参加を歓迎いたします。

研究分野・現在の研究テーマ

・イオン輸送体の生理活性とそれに対する薬物制御
・唾液腺やその他上皮組織でのイオンチャネル関連分子の機能と局在の解析
・皮膚組織と口腔粘膜組織における創傷治癒の分子メカニズムの解析
・血管平滑筋・内皮細胞の細胞間コミュニケーションの解析
・顎顔面統合組織再建システムの開発

主な研究業績

・Yamazaki J., Okamura K., Uehara K., Hatta M. CLCA splicing isoform associated with adhesion through β1-integrin and its scaffolding protein: Specific expression in undifferentiated epithelial cells. J. Biol. Chem. 288 (7), 4831-4843, 2013.
・Kawaguchi M, Yamazaki J, Ohno J, Fukushima T. Preparation and binding study on complex made of DNA-treated single-walled carbon nanotubes and antibody for specific delivery of “molecular heater” platform. Int. J. Nanomed. 7, 4363–4372, 2012.
・Ohkubo T, Yamazaki J. T-type voltage-activated calcium channel Cav3.1, but not Cav3.2, is involved in the inhibition of proliferation and apoptosis in MCF-7 human breast cancer cells. Int. J Oncol. 41(1), 267-275, 2012.
・Okamoto Y, Ohkubo T, Ikebe T, Yamazaki J. Blockade of TRPM8 activity reduces invasive potential of oral squamous carcinoma cell lines. Int. J Oncol. 40, 1431-1440, 2012.
・Okubo K., Takahashi T., Sekiguchi F., Kanaoka D., Matsunami M., Ohkubo T., Yamazaki J., Fukushima N., Yoshida S., Kawabata A. Inhibition of T-type calcium channels and hydrogen sulfide-forming enzyme reverses paclitaxel-evoked neuropathic hyperalgesia in rats. Neuroscience 188, 148–156, 2011.
・Kawaguchi, M., Ohno, J., Irie, A., Fukushima, T., Yamazaki, J., Nakashima, N. Dispersion stability and exothermal properties of DNA-functionalized single-walled carbon nanotubes. Internatl. J. Nanomed. 6, 729-736, 2011.
・Sugihara, M., Morita, H., Matsuda, M., Umebayashi, H., Kajioka, S., Ito, S., Nishida, M., Inoue, R., Futatsuki, T., Yamazaki, J., Mori, Y., Inoue, R., Ito, Y., Abe, K., Hirata, M. Dual signaling pathways of arterial constriction by extracellular uridine 5′-triphosphate in the rat. J. Pharmacol. Sci. 115, 293-308, 2011.
・Okamura, K., Kato, K., Uchida, R., Ohkubo, T., Taniguchi, K., Yamazaki, J. Specific expression of salivary maxi-K channel variant is augmented in diabetic mice. Arch. Oral Biol. 55, 848-854, 2010.
・Ohkubo, T., Yamazaki, J., Kitamura, K. Tarantula toxin ProTx-I differentiates between voltage-gated T-type Ca2+ channels hCav3.1 and hCav3.2. J. Pharmacol. Sci. 112, 452-458, 2010.
・Ishibashi, K., Okamura, K., and Yamazaki, J. Involvement of apical P2Y2 receptor-regulated CFTR activity in muscarinic stimulation of Cl- reabsorption in rat submandibular gland, Am. J. Physiol.: Regul. Integr. Comp. Physiol. 294, R1729-R1736, 2008.
・Ishibashi, K., Yamazaki, J., Okamura, K., Teng, Y., Kitamura, K. and Abe, K. Roles of CLCA and CFTR in electrolyte re-absorption from rat saliva, J. Dent. Res. 85, 1101-1105, 2006.
・Yamazaki, J., Okamura, K., Ishibashi, K. and Kitamura, K. Characterization of CLCA protein expressed in ductal cells of rat salivary glands, Biochim. Biophys. Acta. – Biomemb. 1715, 132-144, 2005.
・Yamazaki, J., Horii, T., Sekiguchi, M. and Takahashi, M. Regulation of RecA protein binding to DNA by opposing effects of ATP and ADP on inter-domain contacts: Analysis by urea-induced unfolding of wild-type and C-terminal truncated RecA. J. Mol. Biol. 329, 363-370, 2003.
・Uchida, R., Yamazaki, J. and Kitamura, K. Characterization of Ca2+ current inhibition by cilnidipine using a β-subunit antisense oligonucleotide. Eur. J. Pharmacol. 466, 53-62, 2003.
・Yamazaki, J. and Kitamura, K. Intercellular electrical coupling in vascular cells present in rat intact cerebral arterioles. J. Vasc. Res. 40, 11-27, 2003.
・Yamazaki, J. and Kitamura, K. Cell-to-cell communication via nitric oxide modulation of oscillatory Cl- currents in rat intact cerebral arterioles. J. Physiol. (Lond.) 536.1, 67-78, 2001.
・Kitamura, K. and Yamazaki, J. Chloride channels and their functional roles in smooth muscle tone in the vasculature. Jpn. J. Pharmacol. 85, 351-357, 2001.
・Uchida, R., Yamazaki, J., Ozeki, S. and Kitamura, K. State-dependent inhibition of L-type Ca2+ channels in A7r5 cells by cilnidipine and its derivatives Jpn. J. Pharmacol. 85, 260-270, 2001.
・Ohkubo, T., Yamazaki, J., Nakashima, Y. and Kitamura, K. Presence and possible role of spliced isoform of P2X1 receptor in rat vascular smooth muscle. Pflügers Archiv. 441, 57-64, 2000

 

0