教育・研究施設

トップページ > 再生医学研究センター > センター長紹介
  • youtube
  • 受験生の皆様へ TowardFuture 入試情報
  • 教員インタビュー
  • 入試情報/オープンキャンパス
  • 公開講座
  • 広報誌「New Sophia」

再生医学研究センター

センター概要・紹介 | センター長紹介 | 教育の概要・研究テーマ | 研究成果報告会 | 研究業績

センター長紹介

 

氏名:大野 純  再生医学研究センター 大野 純 教授
学位:博士(歯学)
 
 

自己紹介

 城西歯科大学(現、明海大学)卒業後、口腔病理学講座にて研究・教育活動を始めました。その後、カリフォルニア大サンフランシスコ校・皮膚科研究室、明海大学を経て、2001年に本学の生体構造学講座・病態構造学分野に赴任しました。2016年に再生医学研究センターの所属となり、2018年よりセンター長を務めています。口腔病理専門医・指導医および細胞診専門医。
 歯科治療をサポートする再生療法の開発を目標として、幹細胞への分化誘導を応用して歯周組織の再生、癌幹細胞のオートファジーを介した性状ならびに動態解析および間葉系幹細胞を用いた口腔粘膜疾患治療法の開発などの研究を主に行なっています。

研究分野・現在の研究テーマ

・歯周組織の再生療法として、骨およびセメント質の分化誘導
・癌幹細胞におけるオートファジーの役割
・免疫型口腔粘膜疾患への間葉系幹細胞療法の試み

主な研究業績

・Hagio-Izaki K, Yasunaga M, Yamaguchi M, Kajiya H, Morita H, Yoneda M, Hiroguji T, Ohno J. Lipopolysaccharide induces bacterial autophagy in epithetial keratinocytes of the gingival sulcus. BMC Cell Biol 19: 18, 2018.
・Seno K, Yasunaga M, Kajiya H, Izaki-Hagio K, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Dynamics of M1 macrophages in oral mucosal lesions during the development of acute graft-versus-host disease in rats. Clin Exp Immunol 190: 315-327, 2017.
・Sato A, Kajiya H, Mori N, Sato H, Fukushima T, Kido H, Ohno J. Salmon DNA accelerates bone regeneration by inducing osteoblast migration. PLoS One 12:e0169522, 2017.
・Yamaguchi Y, Ohno J, Sato A, Kido H, Fukushima T. Mesenchymal stem cell sphereds exhibit enhanced in-vitro and in-vivo osteoregenerative potential. BMC Biotechnol 14:105, 2014.
・Toda M, Ohno J, Shinozaki Y, Ozaki M, Fukushima T. Osteogenic potentiall for replacing cells in rat cranial defects implanted with a DNA/protamine complex paste. Bone 67:237-245, 2014.